CG集のお知らせ(*´▽`*)
捕らわれた女騎士ミニバナー 猫魔団CG集第五弾『捕らわれた女騎士 ~オーク砦のアニー編~』が発売されました。
詳細は当ブログの紹介記事をご覧下さい。
なお、CG集への感想等は、どの記事にコメントして頂いても大歓迎です!\(*^^*)/
 
【5分でわかるあらすじ】を更新

もはやタイトル詐欺に近いですね。1エピソード5分てことでw

「捕らわれた女騎士 ~オーク砦のアニー編~」(CG集)
「ジュディの戦い」
「それぞれの休日」
のあらすじをを追加しました。

180213_01.jpg

180213_02.jpg

上の画像はPixiv用の「アニーの秘密」と「ジュディの戦い」のカバー画像です。
この記事の続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

 
- Story -
アニーは上下の鎧を手際よく外し、足元に脱ぎ捨てるとノロマの前に立って無防備な身体をさらけ出した。

ガチャ… ゴトン…
180210_01.jpg
アニー「ほら、鎧を脱いだぞ。これでいいのか?」

ノロマ「ブキキッ、うんうんっ、いい感じブヒッ! 凄い効果ブヒなぁ!」

表情を変えることなく下着姿で立つアニーにノロマは嬉しそうにいなないた。今のアニーは操り人形も同然だ。

ノロマ「も、もっと近くに来て身体をよく見せるブヒッ! ほら、こっちこっち!」

アニー「チッ…」

アニーは不満げにノロマに近づき、すぐ目の前で立ち止まった。ノロマがアニーを抱き寄せようと手を伸ばす。

この記事の続きを読む

 
- Story -
この数週間、アニーはハンターギルドの依頼で、この森に点在しているオークキャンプを襲撃し続けていた。そして今夜は3匹のオークを仕留め、アニーは見通しの良い野営場所を探して森の中を歩いていた。

すると突然、真っ暗な茂みの奥でガサガサと何者かが移動する音が聞こえた。何者かはアニーから遠ざかるように少し奥へ移動し、そこでじっと潜んでいる。

180130_01.jpg
アニー「ヤツか… よし、今夜こそ…」

アニーは数日前から誰かに見張られている気配を感じていた。しかし、特に襲ってくる様子もなく、不用意に近づいてもこない。何度か追跡してみたが、逃げ足が速く捉えることは出来なかった。足跡からオークだということは分かっていたので、今夜は敢えて夜の森を歩き回り、おびき寄せて仕留めようと考えていたのだ。
この記事の続きを読む

 
180101_01.jpg

☆☆☆ Happy New Year! ☆☆☆

皆様あけましておめでとうございます!
昨年はたくさんの応援およびコメントをありがとうございました!
こう見えて色々壁にぶち当たってグダグダした1年でしたが、
皆様のおかげで今年もブログと同人を続けて行けそうです。(*´д`*)


今年の目標はジュディCG集の発売、そして新しいCGツールへの移行です。
CG集はすでに作業に入っておりまして、完成度10%程度です。
正月が終わったらガンガン進める予定です。

年賀CGはみんなでワイワイな感じにしたかったのですが、
年末スケジュールの調整に失敗して大晦日に急いで作りました。(゚A゚;)
取りあえずジュディを使って恒例のお風呂ネタです。
最初はメガネ先生も一緒に入れていたのですが、
ただの痴女にしか見えなかったので、メガネ淫魔と交代となりました(゚∀゚;A)

では、今年も何卒よろしくお願い致します♪
 
171212_01.jpg
メガネ先生「こ、この本はなんですの… あれまっ、なんて破廉恥な… あれま… えぇぇ… はわわ… ゴクリ… こ、これ一冊だけなのかしら…」

表紙が目玉歯茎だから見逃している方がいるといけませんので、ここに貼っておきます!
アカイマサアキ様が公式よりもエロエロ~ンなメガネ先生を描いて下さいましたっ!
私の3Dでは不可能なこの艶っぽい表情がたまりません。たまりまセブンッ!!(*´д`*)


インクはまた新たに薄い本の入手ルートを発見したようですw
 
リナとジュディの見た目が似ているという問題wを少しでも和らげるために、ジュディの髪色を変更することにしました。

171209_01.jpg
ジュディ「お空が明るくなって来たわね… きっともうすぐ村だわ。」
この記事の続きを読む

 
- Story -
突然、グールに飛びつかれたジュディが悲鳴をあげると、残りの2匹も立ち上がって近づいて来た。

171204_01.jpg
ジュディ「きゃぁっ! やめてっ! やめて下さいっ!」

うろたえるジュディの声を無視してグールはジュディの胸をまさぐり、強引に上着を脱がせようとしている。その動きにジュディはグールが自分の胸を狙っているのだと気付いた。
この記事の続きを読む

 
- Story -
すぐ目の前に立っていた謎の魔物に硬直するジュディ。あまりの驚きに声も出せずに固まってしまった。

171115_01.jpg
ジュディ「あうっ… ううぅっ…」

ジュディは高まる恐怖心を抑え、傍らに置いたリュックからナイフを取り出そうとそっと手を伸ばした。しかし、ナイフは食器類の下の袋にしまってあり、すぐには取り出せない状態だった。その間に魔物はジュディのすぐ目の前まで近づいて来た。
この記事の続きを読む