CG集のお知らせ(*´▽`*)
捕らわれた女騎士ミニバナー 猫魔団CG集第五弾『捕らわれた女騎士 ~オーク砦のアニー編~』が発売されました。
詳細は当ブログの紹介記事をご覧下さい。
なお、CG集への感想等は、どの記事にコメントして頂いても大歓迎です!\(*^^*)/
 
- Story -
リナ「先生、まだですか? そろそろ出かけないと帰りが夕方になっちゃいますよぉ。」

洞窟神殿の一件で診療代が払えなかったリナは、診療所で事務員として働いていた。

先生「そうなんですけど、私のお気に入りの日傘がねぇ。見当たらないのですのよぉ。う~ん…」

150626_01.jpg
リナ「ところでこの鞄、いつもより重くないですか?」

先生「今日は山向こうの教会にお薬を納品する日ですからね。私の診療所がやっていけてるのはあのレイホープ教会のおかげですのよ。」

リナ「だったら尚更早く行かないと失礼じゃないですか。もうお日様が高くなってますよ。」
この記事の続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

 
- Story -
先生「あっ、あなたどこを触ってますのっ!」

大男「ぐひひひ、フワフワしてて柔らけぇなぁ。」

むにぃぃぃ~
150707_01.jpg
先生「ひぃぃぃっ!」

先生の悲鳴に思わず振り返るリナ。大男が先生の胸を乱暴にまさぐっている。
この記事の続きを読む

 
- Story -
男のギラギラした視線を感じながら、リナは恥ずかしそうに上着を脱いでいく。

150720_01.jpg
リナ「ほら… 私… 脱ぎますから… 早く先生を逃がして下さい。」

ランタンの灯りでチラチラとリナの乳房が見え隠れしている。男は腹部へのキックに耐えたリナへの疑念も消し飛び、厭らしい目つきでじっと見入った。

男「へへっ、さっさとスカートも下ろせよ。」
この記事の続きを読む

 
- Story -
リナ「さぁっ! それ以上怪我をしたくないならすぐに立ち去りなさいっ!」

瞬時に2人の暴漢を動けなくした上に、彼らを一喝するリナを呆然と見上げる先生。

150801_01.jpg
先生(…え? 一体何が起こってますの…?)

日頃大人しいリナからは想像もつかない姿に先生は驚いていた。

この記事の続きを読む

 
- Story -
先生「さぁ、デザートのチェリーパイが温まりましたわよ。」

リナ「わぁ、良い香り。とっても美味しそうですねっ。」

先生「ふふっ、わたくし、チェリーパイには自信ありますのよ。今、お茶を入れますわね。」
リナ「はい。じゃぁ、私は切り分けますね。」

リナたちは無事に帰宅し、遅い夕食を済ませて食後の楽しいひとときを過ごしていた。

150803_01.jpg

その時、診療所に近づく2人の男がいた。

ブッチ「痛たたた… アニキぃ… ちょっと… もう歩けないかも…」

マイク「確かこの村に診療所があるって聞いたんだが…」

150803_02.jpg
マイク「ん? この看板… ここが診療所みたいだな。」

マイク「中から声が聞こえるな… よし、盗賊だとバレないように行儀良くするんだぞ。」

ブッチ「う、うん。わかったぁ。」


リナ「う… んん… あぁっ!」

先生「リナさん? どうなさった… あれまぁ…」

切り分けたパイが皿の上で無残にひっくり返り、リナの手がジャムまみれになっていた。

リナ「すいません… ナイフにくっついちゃって… 大丈夫です。これは私が食べますからっ。」

先生「あなた、剣の扱いはあんなにお上手ですのに、ナイフの扱いは… 酷いですのねぇ…」

リナ「あはは… いつもはこんなじゃ… あっ、誰か来てるみたいですよ。私が出ますねっ!」

誰かがドアを叩いている。リナはそそくさと診療所の入り口へ向かった。

マイク「おい誰かいるかっ! 怪我したんだけど見てくんねぇかっ! おーいっ!」

リナ「はぁい。ちょっと待って下さいね。今開けまぁす。」
この記事の続きを読む