- Story -
リナはある小さな集落の古い洞窟神殿へ向かっていた。所々で魔法の松明が妖しく揺らめき、リナの肌を青白く照らしている。

141203_01.jpg
リナ「うう… まるで下着みたいな防具… こんな格好で戦わないといけないなんて…」

その昔、各地で古くから土着信仰されている密教の中には、女性や子供を生贄に捧げる風習が数多くあった。しかし、近年は王政によって人身御供は固く禁じられ、祈祷師や巫女による神事のみが許されていた。
この神殿も大昔には女性を生贄として捧げられていた神殿だが、数年前から魔物が出没するようになり、年老いた巫女たちが神事を行えなくなっていたのだ。

神殿周辺は男子禁制の聖域で、本来は全裸でなければならず、武器の携行も許されない。しかし、巫女たちはリナのために清められた聖なる鎧と、祭事用の神剣を用意してくれていた。

リナ「他の女性ハンターたちが請け負わなかったのはこういうことだったのね…」

薄暗い洞窟を一人で進むリナ。小さな布でしかない聖なる鎧は人目が無くとも気恥ずかしい。

しかし、本当の問題は持たされた神剣である。武器の携行が禁止されているだけあって、手渡された神剣は陶器製の模造刀に過ぎなかったのだ。もちろん、刀剣としての機能は皆無で、一振りで簡単に砕け散ってしまうだろう。

141203_02.jpg

それでもリナは敢えて引き受けた。神剣は模造刀ではあるが、切っ先は鋭く、中心軸さえ正確に捉えれば一撃必殺の刺突は可能だ。もし討ち漏らしても魔物の種類を特定してから撤退すれば、次回はより有効な手立てを試みることができるだろう。リナは今回で3件目の依頼だったが、見習いハンターとしての甘えを捨てる為に、今はどんな依頼も断らないと心に決めていたのだ。

141203_03.jpg

洞窟に入って約5分。リナは祭事が行われる神殿に到着した。それは神殿とは名ばかりで、行き止まりの洞穴に石の寝台と石柱を設けられた簡素な祭場だった。洞窟の生暖かい空気と高い湿度に加え、独特の香の匂いが鼻につく。

ふと奥の岩盤にキラリと光る何かが見えた。注意深く近寄ってみると、それは赤黒く輝く鉱物のような物で、よく見ると周辺の岩盤のあちらこちらで赤く輝いている。

141203_04.jpg
リナ「ルビー原石? 違う… これは結晶体ね。何だろう… 見たことがない結晶体だわ。」

リナは元貴族という立場柄、宝石の知識はそれなりに持っていたが、この結晶体を目にしたのははじめてだった。老巫女たちもこの宝石については何も言っていなかった。もしかしたら神聖な場所故に持ち出せない代物なのかもしれない。だが、武器や防具を持ち込ませないほどの厳粛な場所に余所者を立ち入らせるならば、事前に禁忌として注意されたはず。

もしもこの結晶体が高価な物なら、あの貧しい村に恩恵を与える貴重な資源になるかもしれない。恐らく、ここで祈祷していた老巫女たちはこんな宝石には興味すら持たなかったのだろう。

リナ「これはこのままにしておきましょう。」

それよりも今は依頼に集中しなければ。すでに自分は魔物が出没する場所に立っているのだ。

141203_05.jpg
リナ「ここで横になっていればいいのね…」

うっすらと濡れた寝台に横たわるリナ。背中がひんやりと冷たい。

名目上、リナは聖なる生贄として神殿への入殿を許可された。魔物は祈祷のために寝台で横たわり、瞑想している巫女を襲うことが確認されている。ある者は地を這う異形の生物を目撃し、ある者は大きな羽音を聞いていることから、魔物は1匹でも1種類でもないのは確かだ。

リナは緊張しながら静かに魔物の襲撃を待った。



ハイ、今回はリナが主役でございます。いきなりビキニ鎧というか、ただのビキニじゃないですかコレ。そもそも何故にビキニ? という疑問には次の記事で説明致します。(´ー`* )

そして、またしても生贄です。セリアの契約とは違って、今度は普通の生贄です。今回は何話構成になるのかまだ分かりませんが、10話ぐらいになると思っています。もちろん、次回は魔物が出現してリナに襲いかかります。ちょっと戦わせてみたいので、ピンチは次々回ぐらいからになるかな?その分、酷い目に遭って貰おうと思ってます。(*゚ー゚*)



This is simple translation in simple Japanese. (゚A゚;)

- Rina of human sacrifice(1) : Holy armor -
- Story -

Rina walked aiming at an old cave temple.
The torchlight of magic shines on the skin of Rina.

[Image 1]
Rina says : Ummm... This is an armor like the undergarment...

It is an old story.
There were a lot of cultures that made the woman and the child a sacrifice in the esoteric Buddhism of various places.
However, the monarchic government prohibits sacrifice's culture in recent years.
An aged conjure man and the shrine maiden have been permitted only to pray in the temple now.

This cave temple also had sacrifice's culture in old times. Recently, an aged shrine maiden is offering the invocation.

However, the monster appears in the cave temple at last few years.
Shrine maidens cannot offer the invocation.
Rina came here receiving the shrine maidens' requests in the bounty hunter union.

However, the cave temple is a sanctuary in the village. Only a naked woman can originally enter it. Shrine maidens prepared a holy sword and a holy armor for Rina.

Rina syas : The reason that other women's hunter does not undertake has been understood.

A holy armor is an undergarment like a small cloth. And, a holy sword was an imitation sword made of earthenware.

[Image 2]

It does not naturally have the offensive power. The blade will break easily.

Still, Rina was resolutely undertaken.

It might be possible to thrust the monster if it treats carefully.

Monster's kind is confirmed even if the enemy cannot be defeated and it withdraws.
It might be useful for the strategy for next time.

Rina is still an apprenticeship hunter. As for her, a difficult request did not refuse. She wants to have grown up early.

Five minutes have passed since it entered the cave.

[Image 3]

Rina arrived at the cave temple. The cave temple was very coarse. There is only a bed of the stone in the cave.

The object that shone in red after the bed of the stone was seen. Rina has slowly approached a red object.

[Image 4]

Rina says : This is a raw ore of the ruby... not... This is like the crystal. I have not seen this crystal.

Rina was an aristocrat before. She has a little knowledge of the jewel. However, it did not know this any red crystal.

If this crystal is a costly thing, it is likely to grant a favor to that poor village. Aged shrine maidens might not notice the value of this crystal.

Rina says : OK, This is left.

It is necessary to prepare for the monster's attack now.

[Image 5]

Rina says : I should pretend to lie down here and to meditate.

Rina came here as a shrine maiden. The monster attacks the shrine maiden who lies with the bed of the stone and is meditating.
A certain person heard eerie fluttering.
A certain person witnessed the living thing of the mystery where ground was crawled.
In a word, this means two or more monsters exist.

Rina waited for the monster's attack in strained feelings.

スポンサーサイト
[PR]

 
コメント
この記事へのコメント
このビキニ鎧って防御力あるのかな。悩殺力はありそうです。

リナはどうなるんでしょう?
触手が現れても、
「化け物本体が出てくるまで我慢、我慢」
とかしているうちに深みにはまってしまうのかな?


2014/12/05(金) | URL | CANDY [ 編集] #-


キャストミス?
武器の携行が許されないなら、素手でも戦えるセリりん向けのクエストだったんじゃ… それにしても手足のウォーマー?よりも防御力低そうな鎧ですことw
2014/12/06(土) | URL | kuro [ 編集] #-


Re:CANDY様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
一応、聖なる鎧らしいですから、何かしら特別な効果があるのかもしれませんねー。今回は触手の登場予定はありませんが、リナの性格からして本体待ちでドツボにハマるパターンはあり得そうですよね。でも、毎回そんなことをやらかすドジ娘というのも格好悪いので、本体が出てくるしかなくなるぐらい触手をバサバサ斬り捨てる猛者っぷりを期待したいところです。作者的には、事戦闘に関してはデキる女であってほしいです…(*´ο`*)
2014/12/08(月) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


Re:kuro様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
セリアだと通報からの逮捕コースでスタートラインにすら立てない可能性がw こういうケースは魔法使いが一番活躍出来るのでしょうねー。でもこの世界における本格的な魔法は難易度が高すぎて術者が極端に少ないのです。ここで言う難易度というのは、主に作者の技術的問題なんですけどね。('A`)
2014/12/08(月) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


これはくすぐりに期待です。
白い肌が映えそうです。
2014/12/09(火) | URL | 匿名希望 [ 編集] #-


Re:匿名希望様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
ごめんなさい。今回はくすぐり要素を取り入れる展開にはならなさそうです。でも、リナをくすぐったらどういうことになるか興味もある(魔窟2でちょっとくすぐってますけど)ので、いずれそういうシチュもやってみたいと思います。(*゚ー゚*)
2014/12/11(木) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


(。>ω<)ノ Update!
This glorious, and erotic holy armor... it offers excellent protection! ( ´ ▽ ` ) lol

I just need a small confirmation from the translation.

This is a background story act for Rina?

(。・ω・)ノ゙ Thanks for the translation, and good luck on your future updates
2014/12/13(土) | URL | Akira錐生 [ 編集] #FF3H9HIM


Re:Akira錐生様へ
Always thank you for your comment.
I am very glad.\(*^^*)/

This story gives the important effect to the story in the future.
In addition, "Rina and insect's fights" became new Act.4.
The order of Act was changed like being easy to understand.
I'm sorry for being confused.
By the way, Act.5 and Act.6 are events on the same day. Maybe.


この物語は今後の物語に重要な影響を与えます。
さらに「Rinaと虫の戦い」は新しいAct.4になりました。
解りやすいようにActの順を変更しました。
混乱させてごめんなさい。
ちなみに、Act.5とAct.6は、大体同じ日の出来事です。
2014/12/13(土) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomadan.blog.fc2.com/tb.php/100-5a7157aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック