- Story -
リナの手に触れた柔らかい物体が怪しく蠢いたかと思うと、リナの手を包み込むようにヌルヌルと絡みついてきた。

リナ「きゃっ!」

思わず手を引っ込めるリナ。しかし謎の物体は手に絡みついたままドロリと粘ついて離れない。

ドロ…
150404_01b.jpg
リナ「こ、これは… はっ?! ス… スライム?」
リナの背筋に冷たいものが走った。スライムは剣士が避けるべき魔物のひとつで、水分を奪うか凝固させる手段無しに対峙することは自殺行為だ。今、この無防備な状態で捕獲されたら最後、助かる術はない。急いで離れなければっ!

慌てて立ち上がろうとするリナの足にズシリとした感触が伝わる。

ヌルヌル… ヌルゥ…
150404_02b.jpg
リナ「あぁっ!」

振り返ると別の赤いスライムがリナの足に絡みついていた。見た目は柔らかいゼリー状に見えるが、足に絡んでいる部分はまるでベルトで締められたかのようにビクともしない。そして足元に気を取られた隙に手がグイッと引き込まれ、俯せに倒されてしまった。

グニュルゥゥ…
150404_03b.jpg
リナ「うっ! んぐっ! 手っ、手が離れ…」

身動きが取れないリナの身体を赤いスライムがゆっくり這い上がってくる。このままでは間もなく飲み込まれてしまうだろう。リナは必死に藻掻いたが、手足に絡まったスライムは鳥モチのように硬く粘ついて微動だにしない。

ゴボゴボゴボ…
150404_04b.jpg
リナ「うぁ… かはっ… ゲホッ、ゲハッ…」

とうとう赤いスライムがリナの身体を包み込んでしまった。だが窒息しないように気道だけはかろうじて確保されている。その理由をリナは知っていた。スライムは人間から新鮮な体液を吸い続けるために数日間生かしておくのだ。この状態から生還出来た例など聞いたことはないが、何としても助かる方法を考えなければ…

ニュル… ニュル…
150404_05b.jpg
リナ「ハァ… ハァ… ハァァ…」

リナを包む赤いスライムが波立って蠢き、まるで手足を掴んで動かすようにリナを座らせていく。そして手足を拘束したまま緑のスライムにリナの身体を晒した。どうやら2匹のスライムでリナの体液を分け合うつもりらしい。

極度の疲労と絶望感に力なく天井を仰ぎ見るリナ。

リナ(どうしよう… どうすればいいの…)

ニュルルル…
150404_06b.jpg

そんなリナの前方で緑のスライムがムクムクと触手状に変形していく。




ご覧の通り、今回はスライム表現の試行錯誤に終始しました。
私の使っているShade13はSSS(濁った半透明の表現技術)を使うとどうしても強制終了してしまうバカチンなので、各画像で代用技法をアレコレ試しています。個人的には結構上手く出来たと思います。(困ったときは自画自賛(゚A゚))

新たな収穫は10年近く使い所が分からなかった表面材質パラメータ「荒さ」の意味が何となく分かったことでしょうか。枚数が進むにつれてネバネバのコツが掴めてきたような気がします。たまには勢いで挑戦することも大切ですねぇ。(゚∀゚;A)

ということで、つい魔が差して丸呑みっぽいこともしてしまいました。が、こうなると脱出が難しいので無理矢理座らせて本来のエンディングへと軌道修正。ついでに全身ヌルヌルなんてのも試してみましたが…ちょっと水分が足りなくてゼリーだかジャムを塗りたくられたみたいですね。もうちょっとヌルっとできないかな~(゚A゚;)

さて、このエピソードはたぶんあと3話ぐらいで終わると思います。長くなってますけど、今しばらくお付き合いをお願い致します。(゚∀゚;A)



This is simple translation in simple Japanese. (゚A゚;)

- Rina of human sacrifice(10) : Dangerous Slimes. -

- Story -
Something soft touched the hand of Rina.
A soft object twined around the hand of Rina by doubtful movement.

Rina says : What!!

Rina put back one's hands panicking.
However, something soft twines around the hand of Rina.

[Image 1]
Rina says : Is this... Slime?

Rina felt horror.
Slime is one of the monsters whom the fencer should avoid.
Rina cannot use the flame and the cold.
The combat that cannot dry Slime is a suicidal action.
On the contrary, Rina is very defenseless now.
Rina should part from Slime. Right now.
Rina attempted escaping in a hurry.
However, Red Slime restrained the foot of Rina.

[Image 2]
Rina says : Ahhh! Nooo!

Red Slime changes like the hard rubber and has tightened the foot of Rina.
Rina was surprised at the action of red Slime.
At that time, Green Slime mightily pulled the hand of Rina.
Rina toppled to the ground.

[Image 3]
Rina says : Uuuu! My arms... not peel off..

Rina cannot move.
Red Slime crawls up slowly in the body of Rina.
It started intensely resisting Rina. However, the body is restrained.

[Image 4]
Rina says : No... Noooo...

Rina was swallowed to Red Slime at last.
However, so as not to be suffocated, the air hole is open.

Rina knew the reason.
Slime likes person's fresh body fluid.
They do not kill the person who captures it at once.
They breathe in a fresh body fluid from the person who is alive.
Rina is made a fresh body fluid dispenser.

It is necessary to devise the escape method in a hurry!

[Image 5]
Rina says : Haa... haa... haa...

Red Slime slowly moves the hands and feet of Rina.
Red Slime made Rina sit.
The hands and feet of Rina are restrained in Red Slime.
Slimes seems to share the body fluid of Rina.

Rina that cannot be resisted seems to have become tired and watches the ceiling.

Rina think : What should I do...?

[Image 6]

It began to transform Green Slime into tubular.
スポンサーサイト
[PR]

 
コメント
この記事へのコメント
ナイスメッシー
謎なタイトルになっちゃったけど、ぬるぬる感良いよ~☆ 液体人間風? 更に謎発言…w
2015/04/04(土) | URL | kuro [ 編集] #-


Re:kuro様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
ぬるぬるしてるように見えますか!良かった!(゚∀゚)
色々試行錯誤してたどり着いた答えがコレなのですよね。
まだ試したいことはありますけど、透明体ってレンダリングに時間がかかってテスト結果がなかなか見られない曲者です。('A`)ウンザリ…
2015/04/04(土) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/04/04(土) | | [ 編集] #


Re:コメント非公開様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
そうですね。スライムを物理攻撃で倒すのは難しそうです。おそらく一番良いのは熱で蒸発させることでしょうね。凍らせても爆裂させても時間が経てば復活しそうですし。単細胞生物恐るべし。意外とスポンジの剣とか効果ありそう。(笑)

この世界の薄い本事情とは面白い考察ですね。仰るように金持ちが物好きな作家に一点物で作らせるレアアイテムな可能性が高いのかな。あ、芸術家を名乗る男にモデルを頼まれたと思ったら密室で魔物に襲わされて、その様子を薄い本にされてしまうというシチュを思いついたぞ。(爆) リナなら芸術のためとか信じてしまいそうだし、セリアなら最後にギャラを貰って渋々納得しそう。(゚∀゚;A)ヤリマセンカラ

あと、赤狐と緑狸に例えてしまいますとこの後どちらを活躍させるかでちょっとした紛争問題に発展しかねませんのでノーコメントです。そもそも私はどん兵衛派なので…うっ!(バタッ)
2015/04/05(日) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


スライムの表現が凄いです Σ(゚д゚lll)!

特に3枚目と4枚目の身体に絡みつくスライムに、「ねばっ」とした粘体感(という日本語があるのかどうか知りませんが)が物凄く出ています。そして、絡みつかれたリナの肌の質感も素晴らしい (;゚∀゚)=3 

いや、本当に3DCGでここまでスライム表現が可能だとは思いませんでした。脱帽です。
2015/04/05(日) | URL | NANASI [ 編集] #-


Re:NANASI様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
スライムっぽく見えましたか!ヤッター!\(*^^*)/

過分なお褒めの言葉ありがとうございます。ネバネバした物がねっとりまとわりついた肌というのはいつかやってやろうと思っていたのですよ。こっそり某巨大掲示板や公式コミュニティに質問してヌメヌメ技法を模索してきた甲斐がありました。エロ目的だとバレないように質問するのは大変だった…(゚∀゚;A)キットバレテル

ただ、昨日は続きの画像制作でネバネバさせておりましたが、色々試していたら目指していた質感がよく分からなくなっております。
これがゲシュタルト崩壊というやつか…(゚A゚;)
2015/04/06(月) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


Update! ヾ(・ω・`。)
Hello マキシモ! Excellent update.

Slime assault! It has a sexy victim for fluids ( ´ ▽ ` )

Last image seems to be preparation for tit torture ( ̄^; ̄)

(。・ω・)ノ゙ Thanks for the translation, and good luck on your future updates!
2015/04/09(木) | URL | Akira錐生 [ 編集] #FF3H9HIM


Re:Akira錐生様へ
Always thank you for your comment.
I am very glad.\(*^^*)/

Your expectation comes true.
Slime tastes the body of Rina. (゚д゚)

あなたの予想は的中します。
スライムはRinaの身体を味わいます。(゚д゚)
2015/04/09(木) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


くすぐりとスライムも相性は良さそうですね。
2015/04/10(金) | URL | 匿名希望 [ 編集] #-


Re:匿名希望様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
なるほど、スライムくすぐりですか。
試してみないと分かりませんが、スライムくすぐりは
ワシャワシャ動かすのがネックかなぁ?
グニグニ揉むというのもアリですけど、私は静止画の人なので、
動きが決め手になるような責めは難易度が高いのですよね。(゚A゚;)
ちょっと今度単発習作ででも試してみます。

ただ、スライムのような不定形生物って
色んなシチュに転用できそうな気がします。(*゚ー゚*)
2015/04/10(金) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


動かさなくても、相手の感覚だけを操ることで、表現もできるかと思います。

2015/04/11(土) | URL | 匿名希望 [ 編集] #-


Re:匿名希望様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
そうですね。テキストも駆使すれば何とかなるかもしれませんね。
漫画みたいに擬音を入れれば更に何とかなるような気がします。
くすぐり系同人誌とか上手く表現出来ていて凄いと思います。
2015/04/12(日) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomadan.blog.fc2.com/tb.php/113-70376083
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック