- Story -
新たに現れた謎の手たちがセリアの足元へ集まり、壁をゆっくりと登ってくる。

セリア「くっ、来るなっ! シッシッ! あっち行けよっ!」

しかし、謎の手たちはセリアの言葉などお構いなしによじ登り、太腿を揉むように撫で始めた。ゴツゴツした見たとは正反対の柔らかくプニプニした感触が太腿を這い回っている。まるで舐められているかのような感覚が気持ち悪い。

グニ… グニョ…
160218_01.jpg
セリア(ううぅっ… 何だよ… コイツら何のつもりなんだ…)
てっきり肉食の魔物だと思っていたセリアは困惑した。だが、危機的状況に変わりはない。まずは気を落ち着けて腕を抑え付けている魔物を何とかしなければ。

セリア(どうせ動かせないんだし… よし…)

思い切って抵抗をやめて腕の力を抜いてみる。すると腕を掴んでいた謎の手がセリアを揺さぶり始めた。まるでもっと抵抗しろと促しているかのような動きだ。意味が分からない。

セリア「はぁ? 力比べがしたいだけなのか? 悪いけど付き合う気はないよ。」

謎の手は駄々をこねるように腕を揺さぶっている。それに気を取られているのか、謎の手の握る力はそれほど強くなくなっている。少し様子を見て一気に力を入れれば腕を振りほどけるかもしれない。セリアはしばらく抵抗の素振りを見せずにじっとしてみた。

セリア(よぉし… そろそろやるか… いち… にの…)

その時、突然謎の手がセリアの脇腹を強く掴んだ。

ガシッ!
160218_02.jpg
セリア「うひぃっ!」

ビクンッと身体を弾ませて驚いてしまうセリア。いつの間にか新たな2匹の手が脇腹へ移動していたのだ。そしてセリアが驚いた動きで手を掴んでいる力が再び強まった。

セリア「クソッ、なんでっ… ひぃぃっ!」

脇腹を掴んだ手がさらにワシワシと動いてセリアを刺激する。明らかにくすぐるための動きだ。否応にも全身に力が入り脇腹の手から逃げようと身をくねらせるセリア。しかし、腕を掴む手は微動だにせず、ほとんど動けないまま脇腹をくすぐられることになった。

グニッ、グニッ、グリッ、グリッ
160218_03.jpg
セリア「んだぁぁぁぁぁっっハハハハハハッッ!」

セリア「テメェッなんでくすぐりゃハハハハハハハッッ!」

脇腹を揉まれ、のたうち回るように笑い続けるセリア。くすぐりから逃れようと身体が暴れてコントロールできない。呼吸はどんどん苦しくなり、身体中からは汗が吹き出し始めている。早く何とかしなければと考えようとするが、気持ちばかりが焦って何も考えられない。

セリア(クソッ、クソッ! どうすりゃいいんだよっ!)
セリア(そっ、そうだ… インク… アイツを呼べば…)

その時、抑え付けられている腕がゆっくりと持ち上げられ始めた。

グググッ… グニグニグニ…
160218_04.jpg
セリア「うわぁぁっ! やめっ、やめりゃひひひひひひっっっ!」

脇腹をくすぐられながら腋が開かれていく。いつの間にか足首も掴まれていてまったく身動きが取れない。このままではなぶり殺されるのも時間の問題だ。もう意地を張らずインクに助けを求めるしかない。

セリア「イッ… インッッくっっひゃはははははははっっ!!」

さらに手が増えて腋の下をくすぐり始めた。指先で腋の窪みをほじるように優しく掻きむしり、時折グリグリと抑え込んで感じる場所を探している。しかし、セリアにとってはすでにどの部分を触られてもくすぐったくて堪らない。

セリア「クソッ、クッひひひひひひひひっ! ひぃぃぃひひひひっっ!!」

身体をガクガク揺らして笑い続けるセリア。身体に力が入りっぱなしで息も上がってきている。このままくすぐられ続けては体力が持たない。叫べる内にインクを呼ばなければならない。セリアは笑いながら呼吸のタイミングを見計らって大声で叫んだ。

グリグリッ、コリコリッ、クニクニクニクニ…
160218_05.jpg
セリア「たっ、助けっ… インクッ! イィィィィンクッッッ!」





160218_06.jpg
インク「ぐぅぐぅ… 今夜は寝かさにゃいぞぉ… グゥゥ…」



くすぐり開始です。徐々に顔面崩壊進行中です。(゚д゚)
いつものことですが、これは有りなのか無しなのか、やっぱり自分でもよく分かりません(゚ω゚;A)
2Dイラストみたいに可愛く笑ってくれたら良いのですが、ゲラゲラさせようとするとどうしても
顔面崩壊が進んでしまうもので…(゚∀゚;A)

さて、インクですが、すでに『セリア失踪』でネタバレしていますが、
彼は翌朝までセリアが居なくなったことに気付きませんし、
そこから一日中捜し回ってもセリアを発見出来ません。
従ってまだ時間はたっぷりあります。(✧Д✧)

どこかで解説したかもしれませんが、インクの感知能力は人間の近くに魔物がいると
感知出来ないという弱点があります。これは魔物同士で獲物の奪い合いにならないため、
というのは建前で、本音は都合良くインクが助けに来るパターンを阻止するためですw

次回は足裏をコチョコチョしようかなと思ってます。
でもくすぐりはあと1話分で終わりそうかな?
作っていて楽しいのですが、画的にバリエーションを稼げないというか、
同じ画ばかりになりそうで、やっぱりくすぐりってあまり引っ張れない気がします…

くすぐりは動きが表現しやすい動画や漫画向きなのかもしれませんねぇ。

何だか愚痴っぽいコメントになってしまってすいません…(゚A゚;)



This is simple translation in simple Japanese. (゚A゚;)

- Cellia in the withered well(3) : The Clay arms who tickles a flank. -
-Story-
The weird hands is climbing a wall slowly.

Cellia says : Shoo! Shoo! Go somewhere!

The weird hands is rubbing a thigh of Cellia.
That's different from the appearance and is a soft feel.

Cellia became calm and thought.
First to her there is a need to free their arms.

Cellia stopped resisting temporarily.
Then The weird hands quivered her arm.
The weird hands seems to want her to resist.

Cellia says : Would you like to compete with me for power?
Cellia says : Sorry, I don't fight you.

Then The weird hands quivered her arm again.
She thought the grip of The weird hands weakens.
She decided to stop resisting for a while.
And she decided to throw all the strength of her body into her arm suddenly after she waited a moment.
The strategy from which an arm is freed.

Cellia says : (OK... 3... 2... 1...)

Then The weird hands grasped her flank hard suddenly.

Cellia says : What!!!

The weird hands has begun to tickle her flank intensely.
She's resisting intensely while laughing.
She resisted, so The weird hands grasped and pressed her both arms hard again.

Both arms of Cellia are being raised soon.
And an armpit has also begun to be tickled.

Cellia says : Noooooooooooo HAHAHAHAHA!

She tickled, and nothing was considered any more.
And she asked help from Ink where she's at the campsite.

Cellia shout : Hel... Help me! INK!! Iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiink!


Ink says : zzz,,,, I love you... zzz...

スポンサーサイト
[PR]

 
コメント
この記事へのコメント
(#`Д´)ノノ┻┻;:'、・゙
こぉりゃあー!インク!
何しとるんじゃあぁああ!
絶好のチャンスじゃあないか!(#`Д´)ノノ┻┻;:'、・゙
 
くすぐられて、セリアちゃんが崩壊する前に?
気付いて下さい、インク殿!
(*゚◇゚)yヽ~ ポロッ
 
 
2016/02/18(木) | URL | へぼっち [ 編集] #Ayc/EPBQ


広島ヤ〇ザか?
セリア「んだぁぁぁぁぁっっハハハハハハッッ!」「テメェッなんでくすぐりゃハハハハハハハッッ!」

このセリフのセンスは素晴らしいと思います。しばらく笑いが止まりませんでした。(~_~)アハハハ
2016/02/18(木) | URL | なかカジ [ 編集] #-


何気に拷問☆
笑い続けってマジで苦しいし。くすぐりAVは一時期結構見ましたが、ただ大笑いするだけの娘もいれば、ひきつけをおこしたようになってそのまま絶頂する子もいました。AV的演出と言えばそれまでですが、くすぐられ続けるうちにある一線を越えて新たなる地平が…ってのはアリなのかもしれませんね。勿論、到達した事無いので判りませんがw 
2016/02/18(木) | URL | kuro [ 編集] #-


Re:へぼっち様へ
Pixivとダブルコメントありがとうございます!(・∀・)
インク… めっちゃすやすや寝てます… 夜型の魔物なのになぁ。
残念ながらセリアにクレイアームがへばり付いている限り
インクは察知できないのです。(゚ω゚;A)
2016/02/18(木) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


Re:なかカジ様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
テキストで笑い声ってちょっと滑稽ですけど、
笑いながらしゃべろうとするとこうなりますよねぇw
こういうマヌケなことになるからセリア以外のキャラで
やるのは難しいなぁと思うのです。(゚∀゚;A)
2016/02/18(木) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


Re:kuro様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
新たなる地平… くすぐられて感じる女へとレベルアップですかっ!w
セリアはすでにレズ気質があるので、アブノーマルな属性の塊になりそうでそれはそれで面白そうです。でも、事ある毎にくすぐらないといけないってキビしいな…(゚∀゚;A) そうだ、引きつけ失禁ぐらいなら…ちょっとやりすぎか。

そういえばリナはCG集で失禁描写を経験してるんですよねぇ。今思えばもっとクローズアップすれば良かった。(・ω・)
2016/02/18(木) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


裸足が来る予感。
2016/02/19(金) | URL | 匿名希望 [ 編集] #-


Re:拍手コメント 匿名様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
こちらの意を酌んで下さってますねー。そうなんですよ、最後の画はブーツを置いてきてますよという確認の意味でもあるのです。足裏コチョコチョやりますよ。でもどんなポーズでどんなシーンへ繋げるかは作りながら考えます。(*゚ー゚*)
2016/02/19(金) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


Re:匿名希望様へ
足裏コチョコチョは予定しておりますが、裸足にするかどうかはまだ未定なのです。
足がクローズアップされることなんてないだろうと、作り込みが甘アマで…(゚ω゚;A)
でも、タイツで蒸れ蒸れ足の裏ってのもアリだと思うのです。(・∀・)
2016/02/19(金) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


おおっ! 二週間足らずでもう続きが!

セリアさんが楽しそうで何よりですハイ。
やっぱ、いいもんですね、くすぐり……www
2016/02/20(土) | URL | 二万マイル [ 編集] #-


Re:二万マイル様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
いやはや、月に2,3回しか更新出来なくて私もじれったいです。(゚∀゚;A)
私の作品でのくすぐりシチュはまだ優先度が低めなのですが、
これを機にくすぐり好きになってくれる方がいると嬉しいですねー。(*゚ー゚*)

セリアには気の毒ですが、もう少し格好悪く笑ってもらおうと思いますw
2016/02/20(土) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


ヽ(〃・ω・)ノ Update!
Cellia's tickled face is too hilarious ( ̄ω ̄;)

Ink-san is too busy still having an erotic dream of Cellia (・ㅂ・ )

(。・ω・)ノ゙ Thanks a lot for the translation, and good luck on your future updates!
2016/02/26(金) | URL | AkiraKiryu [ 編集] #FF3H9HIM


Re:Akira錐生様へ
Always thank you for your comment.
I am very glad.\(*^^*)/

Her face will laugh even more.
If I'm sorry When broken her face.(゚∀゚;A)
Ink will begin her search from plenty asleep.
However, he can not find her on that day.
It has been found in the previous story. "セリア失踪"

彼女の顔はさらに笑います。
もし彼女の顔が壊れたらごめんなさい。(゚∀゚;A)
インクはたっぷり眠ってから彼女の捜索を始めます。
しかし、彼はその日に彼女を発見できません。
それは前回の物語で語っています。
2016/02/26(金) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomadan.blog.fc2.com/tb.php/148-5ec3f9ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック