- Story -
謎の手がセリアの胸と股間に吸い付くように張り付いて優しく刺激している。

むぎゅ… ぐにっ… ぐにゅぅ…
160404_01.jpg
セリア「はぁ… はぁ… んっ… んん…」

やがて意識を失っているセリアの身体が熱を帯び、再び汗をかき始めてきた。
くすぐりに反応しなくなったセリアに対し、謎の手たちは性的な刺激でセリアに汗をかかそうとしているようだ。

クチュ… ヌル… ニュル…
160404_02.jpg
セリア「ふぅ… ふぅ… んんっ… うぅっ…」

謎の手の指先が股間の敏感な部分でヌルヌルと蠢き、すでに戦闘パンツはぐっしょりと湿っている。胸をまさぐっていた謎の手も、いつしか性的な動きに変わっていた。セリアは次第に顔を赤らめ、やがて小さく喘ぎ始めた。

くいっ、くいっ、グイィィ…
160404_03.jpg
セリア「ハァ、ハァ… うっ… うぅぅぅ…」

乳先と股間に突き抜けていく甘い刺激で急激に発情させられていくセリア。身体が熱く火照り、呼吸がどんどん速くなっていく。

クリクリクリ… クチュクチュクチュクチュ…
160404_04.jpg
セリア「ハァ、ハァ、フゥ、フッ… うっ、うぐっ… んんんんっ…」

セリアの身体が小刻みに震え、感極まった泣き声のようなうめき声が漏れ出る。

ビクッ… ビクッ… ビクンッ… ビクッ…

160404_05.jpg
セリア「んふぅっ! んんんっ! はっ… はふっ…・」

突き抜ける快感にセリアの身体が弾むようにビクビク絶頂している。再び全身汗まみれとなり、謎の手たちが嬉しそうに身体を這い回り始めた。

モゾモゾモゾ…
160404_06.jpg
セリア「ふぅ… ふぅ… はぁ… はぁぁ… んっ… んんっ… な、何…?」

絶頂の衝撃でセリアが目を覚ました。胸が高鳴り、身体中が甘く心地よい脱力感に包まれている。

セリア「はぁ… はぁ… この感じ… まさか…」

どうやら絶頂した、いや、させられたようだ。だが、疲れ切った身体は力が入らない。胸や股間をまさぐっている謎の手にも気付いてはいるが、そんなことも気にならないぐらいに体力が消耗している。

セリア「クソッ… うっ… んっ… に、逃げなきゃ…」

しかし、再び意識が朦朧とし、重い瞼が閉じていく。

セリア「クソ… 気絶しちゃダメだ… うぅ… 起きなきゃ…」

その時、洞窟の隅でゴツゴツと僅かに岩が動く物音が聞こえた。

井戸底に積み上げられた岩の一つが転げ落ち、そこに空いた小さな穴からインクが窮屈そうに這い出てきた。

インク「よっこらせっと…」

インク「おい… セリア…? いるか…?」

声を殺してセリアを呼ぶインクの声が聞こえた。

セリア「あぁ… あぁ… インク… ここ… こっちよ…」

安堵して力なく応えるセリアの声にインクが呆れたように近づいて来た。

テクテクテク…
160404_07.jpg
インク「ったく、こんなとこで絶頂って何してんだよ。」

インク「まぁ、お陰で居所が分かったんだけどな。ケケケ… ケ?」

インク「……」

よく見ると、セリアの身体に謎の手たちがへばり付き、もぞもぞと蠢いている。

インク「じっ、邪魔したな…」

ピュンッ!
160404_08.jpg
セリア「えっ? えぇっ? ちょっ、インクッ! イッ… マジかよ…」

インクはクルッと背を向け、そのまま矢のように走り去ってしまった。

セリア「クソッ… あんの野郎ォォ…」

疲労で動けないセリアはインクが出て行った穴を恨めしそうに睨みながら溜息をつくしかなかった。

だが、数分後、再び戻って来たインクが地面に塩を撒くと、謎の手たちはセリアから離れて塩に群がった。インクは一目でクレイアームを確認し、彼らの好物である塩をセリアの鞄まで取りに戻っていたのだった。

満足したクレイアームたちは地中へと消えて行った。しかし、セリアは未だ動けず、井戸をよじ登る体力さえ残っていない。仕方なくこの場で暫しの休憩を取ることになったが、それは、セリアには屈辱的なインクのお説教の始まりでもあった。

インク「ったく、急に居なくなってオレ様がどれほど捜し回ったか分かってんのか?」

インク「今回はクレイアームだったから良かったけど、もっと危険な相手だったらどうするんだよっ!」

160404_09.jpg
セリア「はい… すいません…」

インク「大体オマエはオレ様を守るのが役目だろ? なのにオレ様に助けられててどうすんだよ。」

インク「まぁ出来の悪いシモベを守るのも主人としては当然ではあるけどさ?」

インク「なのにオマエはちょっとオレ様を軽く扱いすぎだろ。ご主人様って呼んでもらってもいいぐらいだぜ。」

インク「あ、そうだ。この際だから言っとくけど、今夜から寝るときはオレ様も一緒に…」

インク「…ん? セリア?」


セリア「ぐぅ… ぐぅ… Zzz…」


インク「……」

インク「……」

インク「おっぱい触っていい?」

セリア「殺すわよ。」



正直、もっとエロシーンを引っ張りたい気持ちはあるのですが、CG集が控えているので
セリアネタがダブらないようにここで終わりにしました。しかもホンワカEND…(゚∀゚;A)

元々ブログネタは少しヌルめで、遊びながら作っている感じなのですが、
今回のストーリーはエロもくすぐりも少し中途半端な気がして不完全燃焼気味です。
同時進行でCG集のクライマックスを作っていた影響なのかもしれません…(゚∀゚;A)

そして、クレイアームは塩分が大好きっ子だったというオチでした。
このネタは某SF宇宙ドラマに登場したソルトヴァンパイア的な魔物を作りたいなと
以前から考えていたのですが、そんな余裕は当分なさそうなので設定だけ使ってしまいました。

取りあえず、CG集が出たらリナもセリアも本番有りのピンチが可能になるので、
まぁヤルかどうかはともかくw、もう少し緊張感のあるピンチストーリーが出来そうです。
あぁ、でもリナはリナではなくなっているんだった…どうしようかな。(゚∀゚;A)



This is simple translation in simple Japanese. (゚A゚;)

- Cellia in the withered well(6)(Last part) : Rescue signal is orgasm. -
-Story-
The weird hands is stimulated gently Cellia's breasts and genitals that fainted.

Before long, her body temperature has been rising. She has again started to sweat.
The weird hands tickling Cellia, but she faints away, so she doesn't laugh.
The weird hands going to give her a sexual stimulus and make them sweat.

Cellia says : Nmm... nmm... fuu... fuu...

The weird hands aims and is irritating her nature sense area.
Their movement is the movement to give her a pleasant sensation.
The weird hands irritating her teat and clitoris.
Cellia has begun to suffer from sexy voice.

And her body twitched very much.
Cellia did an orgasm while fainting away.

Her body is sweating very much.
They have begun to suck her sweat up.

Cellia says : Haa... haa.. nmm... what...?

Cellia has woken up by a pleasant sensation of an orgasm.

Cellia noticed having done an orgasm.
It's dangerous to faint away here.
But Cellia was quite tired.
There is also no willpower which blocks them for her.
She has become sleepy again.

Cellia says : No... don't sleep... I must run away...

The sound from which a rock at the entrance of the cave moves a little at that time was heard.
One of the stones that were piled at the bottom of a well has collapsed.
Then, it came out Ink crawled from the small hole.

Ink says : Hey... Cellia...? Are you here...?

His little whisper was heard.

Cellia says : Here! I'm Here! I've been waiting for you...

Ink says: What are you doing here? I was able to perceive you because you have orgasm. kekeke...

Ink came closer to Cellia.

Cellia says : Oh... Ink...

Cellia was the middle of being attacked by The weird hands.

Ink says: I... I'm sorry for bothering you.

Ink does an about-face, and he has run away quickly.

Cellia says : What? Why? Hey,Ink! Iiiink! bullshit!

She seemed dissatisfied and stared at a hole on a wall.

But several minutes later, Ink has returned to her place.
Ink was familiar with the habit of Clayarms.
He has just returned to the camp to prepare the salt which is a favorite of Clayarms.

And Clayarms is satisfied and has left in the ground.

But Cellia can't move yet wearily. Cellia and Ink decided to rest for a while here.
That was time of Ink preachment to Cellia.

Ink says : I was very anxious for you. I looked for you throughout the day.
Ink says : You were the very dangerous situation. If you met a more brutal monster, you were dead.
Ink says : You should repent.

Cellia says : I'm very sorry...

Ink says : Your mission is to guard me.
Ink says : It's an abnormal situation that I guard you.
Ink says : But, it's also the role of the master to protect a stupid follower.

Ink says : You always despise me badly.
Ink says : You should respect me more. Call me Master from now on.
Ink says : And, Hug me gently and sleep every night from now on.
Ink says : And... hey, hey, Cellia?

Cellia says : zzz... zzzzz...

Ink says : ......
Ink says : ......

Ink says : Can I touch your breast?

Cellia says : I'll fucking kill you.

= END =
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

 
コメント
この記事へのコメント
どぉもお~♪(`・∀・´)ノ))
セリアちゃんは、インクを守る立ち居地でしたか!
取り付かれてるものと思ってました。
魔族との契約だからw
 
くすぐり責めの崩壊セリアちゃんから、艶かしいセリアちゃんを堪能させていただきました♪
さらに、落ち付きで!(*゚∀゚)=3ハァハァ
 
ところで、CG集は、何時頃?
心待ちにしております♪(`・∀・´)ノ))
2016/04/04(月) | URL | へぼっち [ 編集] #Ayc/EPBQ


ホンワカw
絶頂しちゃったらどうなるんだろと思ってたら、インクが来た、とw。三枚目のセリりんがソフトに感じてる珍しい表情でステキです♬ クレイアームも深刻にヤバい相手じゃなかったし、長閑で良いエピソードでした。CG集が待ち遠しいな〜
2016/04/04(月) | URL | Kuro [ 編集] #-


お疲れ様でした!
結構ほのぼのした(感覚麻痺)お話でしたww
CG集の方も、楽しみにしておりますゞ

そして以前、リクエストもある程度おk,とのことでしたが、こちらのサイト、アニーさん除いて結構軽めな責めが多めなようですが、どっかで、
馬乗りのおっぱい鷲掴みにした無理やりパイズリ、
とかってできないでしょうか?
その行為が世界一好きな人間で(´д`;)

あ、ちなみに以前名前間違えたんですが、マショウ=二万マイルとか名乗ってるやつです。別の所で使ってる名前を間違えて使ってましたww
2016/04/05(火) | URL | 二万マイル [ 編集] #-


Wow, the CG practice is amazing!

Cellia is definitely my favorite erotic heroine. Violent, comedic, sexy, and lots of orgasms (´▽`*)

Thanks a lot for the translation! Best of luck to your future updates!
2016/04/05(火) | URL | AkiraKiryu [ 編集] #FF3H9HIM


Re:へぼっち様へ
Pixivとダブルコメントありがとうございます!(・∀・)

契約によってセリアの心臓の一部がインクの細胞になってしまいましたので、インクが死ぬとセリアも心臓に穴が空いて死んでしまいます。(逆にセリアが死んでもインクは死なない) なので、セリアはインクを守らざるを得ない状況になっております。その代償に魔力を得てスーパーパワーを使えるのですが、結局それもインクを守るための手段でしかなく、魔力を補充するにはインクに抱かれる必要がある訳です。上手いこと騙されてますw
この解説記事を作っておいた方がいいかもしれませんね。

CG集は一応5月下旬発売を目標にしております。早くこの制作マラソンから解放されたいっ!w
2016/04/05(火) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


Re:kuro様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
セリアが絶頂すると、そのエネルギーがインクに伝わる感じですね。
セリアがどこかへさらわれても絶頂すればインクには居所が分かるのです。
それってある意味手遅れでもあるのですがw

そしてセリアが独りでお楽しみされてもインクには筒抜けなのです。
ちょっとカワイソウ。(・ω・)

凸凹コンビはどうしてもホンワカ落ちになるのかもしれませんねぇ。
もうちょっと緊張感のあるピンチをやってみたいな~。
2016/04/05(火) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


Re:二万マイル様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
我ながらほのぼの路線は求められていないと自覚しているのですが、
この二人のストーリーはついこういう方向へ行ってしまいます。(゚∀゚;A)

馬乗りおっぱい鷲掴みパイズリ!いいですねぇ。
ただ、何と難しいポーズなのでしょうか。ヾ(゚□゚;)ノ
おっぱいの変形&男優のナニと手の位置の連携を考えただけで目眩がw
でも「いつかやるリスト」に記入させて頂きます。チャンスがあればやります!

そうですね、やはりアニーでやるのが手っ取り早いかな?リナでもいいなぁ。
手持ちキャラに男優が少ないのでCG集が完成したらモブ男優を作ってみようかな。
オッサン作りはヤル気が出にくいので何とかしてテンションを上げなければ!(゚A゚)

あと、こんなエロブログにコメントを書くなんて結構勇気がいることだと思いますので、
匿名でも偽名でも非公開でも大歓迎ですよっ!(>▽<)
2016/04/05(火) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


Re:Akirakiryu様へ
Always thank you for your comment.
I am very glad.\(*^^*)/

Thank you for liking her.
She'd also encounter a sexy crisis from now on.
You understand her character very much.
Oops,It was always a sexy crisis.lol


彼女を気に入ってくれてありがとう。
セリアのキャラをよく理解してくれていますねぇ。
彼女は今後もセクシーな危機に遭遇するでしょう。
って、いつもセクシーな危機ですよね。(笑)
2016/04/05(火) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


やっぱりインク君ですね。
いい雰囲気持ってますね。いつもドジでエロくて女の子に無茶苦茶されるタイプですけど、最後は頼りになるんですね。( ゚Д゚)
ほんわかした感じも和みますぅ。
2016/04/06(水) | URL | なかカジ [ 編集] #-


Re:なかカジ様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
インクはただのスケベおやじとしてエロエロさせておきたいのですが、
ついつい落ちで使ってしまって「実はデキるヤツ」っぽく見えてしまってます。
頼りにならないようで頼りになる、と思ったらやっぱり頼りにならないヤツw
というキャラだと思うのですよ。(・ω・)
2016/04/06(水) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


Re:二万マイル様へ
コメント返信でお名前を間違って書いておりました。
大変失礼致しました。申し訳ございません。
コメントはメモ帳に下書きしてコピペしておりまして、
タイトルのテンプレを間違って貼ってしまったようです。
3D好き様にも大変失礼致しました。
以後きをつけます。
2016/04/07(木) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/04/12(火) | | [ 編集] #


コメント非公開様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
ソルトヴァンパイア、ああ見えて普段はとても献身的な美女なんですよ。
無類の塩分大好きっ子というだけでw

CG集制作はラストスパートに入っております。
発売前にブログを更新出来れば良いのですけど、
このまま完成まで突っ走ってしまうかもしれません。
でも途中で息抜きしたくなったら更新します~。(゚∀゚)
2016/04/13(水) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomadan.blog.fc2.com/tb.php/152-c13155a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック