始動が遅れまくっていたアニーCG集制作ですが、ようやく原画が90枚ほどできました。当初は100枚程度の軽めの作品にしようと思っていたのですが、思ったよりも1シーンのカットが増えて、100枚では彼女を堕とせそうにありません。(゚∀゚;A)

161124_01.jpg
今回はオカズCG集を意識してほぼ全編エロシーンだからアッサリ終わると思っていたのですが…


161124_02.jpg
例によってじわじわ脱がせて、ねっとり責めていたら枚数がどんどん増えてきちゃって…(゚∀゚;A)テヘ

なお、これらの画像はボツ画像です。
一応、2月中に発売するには12月中に原画を完成させないと間に合わないので、そろそろスパートをかけないとヤバいです。ただ、PCを新調したおかげで制作スピードは上がっております。このペースを維持できれば何とかなりそうです。(*゚ー゚*)


ついでに今連載中の「呪われたの墓場」で使っている幽霊の合成手順を紹介しておきます。
お絵描きしている方には説明不要だとは思いますが、たまにはこういうのもいいかなと。(´ー`* )

161124_03.jpg
原画です。幽霊さんは試作版のゾンリナフィギュアを痩せたおばさん風に改造したものです。
でも、後で半透明にする関係で陰影を表示しない設定にしたら、細かい造形が分からなくなりました。(゚∀゚;A)

161124_04.jpg
幽霊さんを切り抜いてぼやかし、さらに半透明にしました。
造形云々を気にしていた自分が馬鹿だったことに気付きます。(゚ω゚;A)

161124_05.jpg
幽霊無しのゾンリナ画像を用意します。

161124_06.jpg
合体!(✧Д✧)

で、完成でした。(*゚ー゚*)



さらについでに、HDDで見つけたもうひとつのボツ画像です。

161124_07.jpg

今年の暑中見舞い用に作った画像です。
夜の森で迷ったメガネ先生が焚き火の灯りを発見。喜び勇んで駆け寄ったら悪の巣窟状態だったみたいな。
そういうコンセプトでやろうとしたのですが、当時は「先生の長い夜」のエロシーンが始まるところだったので、
今やることじゃないなと見送りました。(゚∀゚;A)

そして、結果的に急遽作った先生川ポチャ画像が意外と好評だったので良かったです。
今後、先生とセリアたち3人組が出会う展開があるかどうかはまだ未定ですが、
もしやるなら、また違う形でやろうと思います。(´ー`* )
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

 
コメント
この記事へのコメント
ムゥ(。-`ω´-)y-~
>例によってじわじわ脱がせて、ねっとり責めていたら枚数がどんどん増えてきちゃって…(゚∀゚;A)テヘ
 (*゚∀゚)=3ハァハァ
 じわじわ♪なんていい響きだろう+(0゚・∀・) +ワクテカ+
 あと三ヶ月?!
 期待して、待ってます♪(`・∀・´)ノ))
 
 
>幽霊の合成手順
 ムゥ(。-`ω´-)y-~
 手間隙かけてるなあ・・・
 私だとシェーダーで、ごまかす所ですがw
 そもそも、こういう手法を思い付きません!(´◕ω◕`)b
 
 
>HDDで見つけたもうひとつボツ画像
 (/´△`\)ヒエエエエッ!
 森の中で、出くわしたら・・・
 必死で逃げます!
 転んでも、這ってでも逃げます!
 それはもう号泣しながら、半狂乱で!
 
 
コラ!(乂∀・)┌┛)`д)・∵.
2016/11/24(木) | URL | へぼっち [ 編集] #Ayc/EPBQ


Re:へぼっち様へ
Pixivとダブルコメントありがとうございます!(・∀・)
あと三ヶ月と言われると、もうそんなに時間がないのかと焦っちゃう不思議。(゚A゚;)
ダラダラして始動が遅かったのが悔やまれます。(><;)

シェーダーでのごまかし方は思い付かないなぁ。
強いて言えばボリュームレンダリング?
透明に近いSSSを設定するとかかなぁ。
どちらにしてもShadeでやると数時間はかかる手法なので、
レタッチが一番楽かな?数分で終わります。(゚∀゚;A)

ボツの3人画像、嬉しい反応ありがとうございます。(*゚ー゚*)
ちょっとホラーテイストに…と思ってやったものの、
どんどん笑える方向へ向かってる気がして困ってました。
でも、魔獣はもっと強面にリファインしたいなぁと思ってます。(゚ω゚;A)
2016/11/24(木) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


あらあら
マキシモさんは真面目だから、行動の辻褄とか色々考えてボリュームが増してしまうのでしょうね…まあ確かにあのごつい鎧はなかなか脱がせられそうもないしなw 「お三方そろい踏み」絵は、全員向こう向いてたのが一斉に振り返ってる構図とかも、無駄に凄みが増したのではないでしょうかー☆
2016/11/24(木) | URL | kuro [ 編集] #-


Re:kuro様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)

>行動の辻褄とか色々考えてボリュームが増してしまう

ぬおぉぉぉっ、思い当たる節がありすぎるぅぅぅ…ヾ(゚□゚;)ノ
どうせエロなんだし、お気楽にやろうと思っているのですが、
つい理屈っぽく考えてしまうのが悪い癖でして…(゚∀゚;A)ハハハハ

そうか… 確かに3人は振り向かせるべきでしたね。
いつもポーズやライティングばかりに気を取られて、
演出の詰めが甘くなるみたいなんですよねぇ。
イマイチ面白味を感じなくてボツになったのはそういう理由もあるんだろうな。
ちょっと納得。(゚ω゚;A)
2016/11/25(金) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


竿役がたくさんいる―! やったー!!
これはもう、集団に体中ベットベトに舐め回されてティムポの群れを体中にニッチャニチャ擦り付けられて精液でネットネトにされてさらにそれをティムポの群れでグッチョグチョ塗りたくられるレベルのエロCG集を期待していいってことですね!?(飛び火

例えば予定より遅くなってしまっても、お値段が高くなってしまっても、私を含め多くがそれを快諾するはずですので、よりマキシモさんの望むクオリティのものに仕上げていただきたいです(`・ω・´)b

しかし、幽霊の画像加工はやはり中々に手が込んでいますね……(´д`;)
やり方を知らん私のようなド素人には検討もつかんほどにww
2016/11/25(金) | URL | 二万マイル [ 編集] #-


Re:二万マイル様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
>集団に体中ベットベトに舐め回されて~グッチョグチョ塗りたくられる

あはは、現在そういうシーンへ向かっております~。(゚∀゚)

今回はオーク砦が舞台なので竿役多数で輪姦ぽい感じになっております。
オークは身体が大きいので一度に飛びかかれる人数は限られてますけど、
色んなオークが色んな責めを楽しむ予定です。(*゚ー゚*)

原画制作はもうすぐその後半に差し掛かってきますが、
何匹ものオークを動かす事を考えるだけでガクブルです。
上手く組んずほぐれつできたら良いのですが…(゚ω゚;A)

発売は何とか2月中で頑張りたいと思います。気持ちだけでもねっ!w
値段は今まで通り、高くしても1000円にするつもりです。
それ以上の価格を付ける勇気はないです。(゚∀゚;A)
2016/11/25(金) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


CG Update!
I'm glad to hear an update about your next CG collection!

I'm extremely excited for this one, mostly because I'm a huge fan of ugly orcs fucking up sexy heroines ( ̄^; ̄)

It is great that your new PC has increased productivity.

I wish for the best!
2016/12/08(木) | URL | AkiraKiryu [ 編集] #FF3H9HIM


Re:AkiraKiryu 様へ
Always thank you for your comment.
I am very glad.\(*^^*)/

I hope to complete the next CG collection in the second half of February 2017.
This time Annie is insulted by multiple orcs.
The contents are similar to the first CG collection.
Of course it is even more sexy and violent content. d(゚ー゚)

次のCG集は2017年の2月後半に完成させたいと思っています。
今回Annieは複数のオーク達に陵辱されます。
内容は魔窟1と似ていると思います。
もちろん、さらにセクシーで暴力的な内容です。d(゚ー゚)
2016/12/08(木) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomadan.blog.fc2.com/tb.php/180-99f595ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック