- Story -
インクが鼻歌まじりに先生のパジャマのボタンを下から外していく。インクの催眠能力によってぐっすりと眠っている先生はまったく起きる様子がない。

インク「フンフンフン♪ …んん?」

パジャマがはだけ、先生の女性らしいふくよかな腹部が露わになった。

170523_01.jpg
インク「クケケッ! コレコレッ! こういう柔らかい身体も楽しみたかったんだよなっ!」
プニプニと弾力のある柔らかい腹を嬉しそうにつつくインク。そんな他愛のない刺激でさえ、先生は気持ちよさそうに感じている。やがてインクは先生の腹をやさしく揉んで腹肉の感触を楽しみ始めた。

むにぃ~
170523_02.jpg
インク「おー、この肉付きは絶妙だな。セリアの固い腹筋もいいけど、こういう緩い腹も捨てがたいんだよなぁ。今のうちに楽しんどこっと。クケケッ。」

先生「うふん…」

昨夜セリアにサービスしてもらえたにも関わらず、ほぼ何も出来なかった分、思わぬ形で訪れたこの幸運を最大限に楽しまなくては。先生の腹肉をまさぐり、ヘソを舐め回し、顔をうずめて喜ぶインク。

170523_03.jpg
インク「ケケケケ… ちょっと消毒液臭いけど… 来て良かったぁ…」

先生「んふふ…」

インク「よし、じゃぁそろそろオマエも楽しませてやるぜっ!」

インクは先生の腹上を泳ぐように這い上がって両胸をそっと抱きかかえた。セリアほどではないが、意外と重量感のある乳房に厭らしくほくそ笑む。そして、すでに固くなり始めている乳先を軽く摘んで持ち上げた。

キュゥ…
170523_04.jpg
先生「んんっ… アニーさん… そんなところ… いけませんわ…」

先生の身体が小さく弾み、インクの小さな手の中で乳先が待ち構えていたようにググッと勃ち上がった。先生は恥ずかしそうな声を出しているが、インクに胸を突き出すように背筋を伸ばしている。

インク「クケッ、口では拒んでるが身体はがっついてるな。イイ反応だぜ。しかしアニーって… コイツもレズかよ。ったく、世の中の性は乱れてますなぁ。ケーケケケ。」

インクは嬉しそうに笑うと、先生の両乳首を摘みあげ、指先でグリグリとしごき始めた。

途端に先生が腰をくねらせ、息を粗くして悶え始める。

インク「まぁ、先ずは乳首で軽くイカせてやるぜ。その後は色々焦らしてから一気に連続絶頂させて精気をいただく感じでいくかなっ! ケッケッケ。」

クリクリクリ…
170523_05.jpg
先生「んっ、あっ、はっ、あっ… んあぁぁぁ…」

先生の身体がぎこちなくひくつき、身体がさらに熱くなっていく。そして今にも絶頂しそうになったとき、インクはパッと手を離してしまった。

インク「ヤベッ、オレ様としたことが… つい先走っちまったぜ。」

インクは一息つくと、先生の顔をじっと見つめた。先生の呼吸がゆっくりと整っていく。

インク「はじめての女とは、先ずはキスから始めるのがオレ様の流儀なんだよな。」

インク「あ、ついでに面倒な用事も先に済ませとくか。」

インクは先生にやさしく語りかけた。今の先生はインクの催眠能力によって何でも喋ってしまう状態だ。

170523_06.jpg
インク「おい、メガネの姉ちゃん、風邪薬ってのはどこにあるんだ?」

先生「ハァ、ハァ… 薬… 薬なら… テーブルの上に…」

インクはテーブルの方を見た。小さな薬瓶が置いてある。

インク「あぁ、あれね。よし、じゃぁ、今度は服だ。服はどこにあるんだ?」

先生「服… 服なら… そこのカゴに…」

ベッド脇のカゴの中に洗濯物の白衣が脱ぎ捨ててある。

インク「いや、あの… んー、そんなのはどうでもいいや。それよりもだ。」

インク「今度は重要なことだぞ。よぉく聞け。」

先生「はい…」

インク「さぁ、気持ち良くしてほしければ… オレ様にキスをするんだ。」

インク「そしたらオマエの大好きなアニーもここへ呼んでや…」

ガシッ!
170523_07.jpg
インク「んグエッッ!」

突然、先生がインクの顔を両手で強く掴んだ。

そしてインクを身体ごとグイッと引き寄せると、口唇を密着させインクの舌に自分の舌を絡ませてきた。

むっちゅぅぅ~
170523_08.jpg
インク「んむっ! ぐむむむっっ!」

驚いたインクがジタバタと抵抗するのもお構いなしに先生はインクの口に吸い付いて離れなかった。



すいません、ちょっと遊びすぎかもしれませんw
何だか本格的なエッチが始まる様子がありませんけど、次回で最終回になりそうです。(゚A゚;)
先生がしぶとく脱ぎきっておりませんが、次回は脱いでもらいますからねっ。(゚д゚)
とは言うものの、先生にエロシーンが務まるのかどうかはまだ疑問です。

さて、結局脱いでいないので分かりませんが、先生は戦うヒロインではありませんし、
寝る前にオヤツを食べている印象が強いので、ウエストが太めでお尻も大きい体型になっております。
当然、腹筋が割れたりもしておりません。だからお肉が掴めても不思議ではないのです。(・ω・)
やはり一般女性の体型ってそんなものだと思うのですよ。(´ー`* )



This is simple translation in simple Japanese. (゚A゚;)

- Each holiday. (3): A woman with glasses. -
-Story-
Ink began to remove the button of her pajamas.
And her plump belly was exposed.

Ink says : Kekeke! I was looking forward to such a feminine body!

He gladly touched her abdomen. Her belly was soft and comfortable to touch.
Ink grabbed her belly and enjoyed the feel.

Ink says : I love hard abs of Cellia. But I also love this soft fat. kukeke!
Ink says : Her body smells a disinfectant and it is a bit uncomfortable. But I am very glad to meet her here tonight.

Ink enjoyed her abdomen for a while.

Ink says : Okay, This time I will make you feel good!

Ink picked her nipple lightly and lifted it. Then her nipple erected quickly.

A women of glasses says : No way... Please stop it... Ms.Annie...

Ink says : kekeke, You deny, but your body is very happy.
Ink says : But are you also a lesbian? This is an interesting trend. kukeke.

Ink laughed delightfully. And Ink began rubbing her teat strongly.

A women of glasses says : Ahhhh...

She started trembling with pleasure. And she is likely to be an orgasm.
At that time, Ink interrupted touching her.
And she turned back on the verge of orgasm.

Ink says : Oops, I made a mistake in turn.
A women of glasses says : Oh... ahh... nmm...

Ink says : For a woman I met for the first time, it is a way to start with a kiss.
Ink says : Also I will finish my errands first.

Ink asked her gently. She talks honestly with any of his hypnotic magic.

Ink says : Where is the cold medicine?

A women of glasses says : Medicine... medicine... It is on the table...

Ink looked at the table. There is a small medicine bottle.

Ink says : That is it. I see.
Ink says : Next question. Where are the clothes?

A women of glasses says : Clothes... Clothes are in the basket there...

There is a basket for putting the laundry on the immediate side.
Inside the basket there is the nurse clothes she was wearing.

Ink says : What I want is not laundry.
Ink says : Nmm... No, I do not care about such things anymore.

Ink says : Next is an important instruction!
Ink says : If you want to orgasm, kiss me.
Ink says : If you kiss me, I will call Annie here. I... WAO!

Suddenly she grasped face of Ink with both hands strongly.
And she attracted Ink forcibly and made a passionate kiss.

Ink says : !!

Ink is surprised and resisting, but she does not stop kissing holding Ink down.
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

 
コメント
この記事へのコメント
(๑°⌓°๑)?
机の上の小瓶って、媚薬?強壮剤?(๑°⌓°๑)?
だったような?(๑°⌓°๑)?
 
持って帰って、セリアちゃんに飲ませたら・・・
ぬっ殺されるかもw
キョウリョク(*〇-〇)デスワ
 
しかし、腹の肉を鷲掴みにしてるのを見て爆笑してしまいました。ギャハハ(*≧д)ノシ彡☆
 
マキシモさんのやる気には、頭が下がるのです♪(`・∀・´)ノ))
2017/05/24(水) | URL | へぼっち [ 編集] #Ayc/EPBQ


Re:へぼっち様へ
Pixivとダブルコメントありがとうございます!(・∀・)
拍手コメントまでありがとうございました。

机の上の小瓶は媚薬原液ですね。(前記事を読み直した)
もうちょっとそれっぽい名前にすればよかった…(゚∀゚;A)
もしこれをセリアが飲んでしまうとどうなるのでしょうかねぇ。
それは次回のお楽しみっ(゚A゚)

腹肉掴みは一度やってみたかったので、先生には夜のオヤツをせっせと食べて頂きました。
かと言って、先生はお腹が弛んだヒロインwではなく、あくまで標準体型ですからね。
もっと太らせてダイエット回とかやっても面白そうですが、
R18作品がテーマのブログでやるようなことなのかは謎ですw
2017/05/24(水) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


おおう積極的~♫
アニー相手にどんな妄想を描いてるのか、いきなりディープキスとはやりますなあ先生!☆ そして心配しなくても十分エロいですって、寝巻き越しの勃起乳首といい乳首くりくりで絶頂寸前の痴態といい。でも個人的なツボは最後のコマのインクの困り顔だったりする~♫
2017/05/24(水) | URL | kuro [ 編集] #-


ええどっ、メガネ先生!
メガネ先生大人気になってきましたね。脇役と思いきや、いつの間にやらメインヒロインのポジションに近づいてきてますね・・・。

私はメガネ先生のお肌が見えちゃうのは複雑な心境なのですが、いやっ、綺麗な穢れの無いお肌も見てみたい。

さていつオーク君とヤルんでしょうかね?(*'▽')タノシミダ・・・
2017/05/25(木) | URL | なかカジ [ 編集] #-


Re:kuro様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
本来はお堅い身持ちなだけに、一度スイッチが入ると爆発してしまう感じでしょうかw
私は着衣シチュも睡姦シチュも結構好きなのでエロいと思っていますが、
一般的には物足りないかなーと心配してました。
次回はもう少し露出を多くして、エロさをアップしようと思います。(*゚∀゚)=3

ラストのインクは直前の改造が功を奏した形になりましたねー。
ほんのちょっとのことで表情が豊かになって驚いております。(´ー`* )
2017/05/25(木) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


Re:なかカジ様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
先生は他のヒロインのストーリーにちょっと関わる程度の
モブ寄りのポジションに収まっていてほしいと思っています。

あと、先生を脱がせるのは私もどうしたもんかと感じていますw
でも、あまり脱がせないのもあざといし興ざめな気もするので、
たまにはサービス回があってもいいかなと。(*´д`*)
私も1回ぐらいはちゃんと見ておきたいのですよw

と言ってもさすがにオークに襲われるというのはまだ考えてませんw
何となく、先生には悲惨なシーンは似合わない気がするのですよねー。
あくまで日常のお気楽なピンチで活躍して頂きたいです。(*゚ー゚*)
2017/05/25(木) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


腹肉つかめるヒロインがいてもいいじゃない。
そういうブログだもの。

先生のあられもない姿はちょくちょく拝みたいものですが、このブログの趣旨的に、大っぴらな主役になれないのが難儀ですね……(´-` )

しかしメガネからチョイチョイ見える眼が中々切れ長っぽくてセクシーなのが意外で尚且つギャップあっていいですねΣd(゚∀゚d)
インクも表情豊かになって……www

次回ついに先生の裸体解禁ですね!
いつも通り全裸で待機してますね!!!(*゚∀゚)=3
2017/05/27(土) | URL | 二万マイル [ 編集] #-


Re:二万マイル様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)

むむむ、先生が脱くことによって盛り上がるのか、
それともガッカリされるのかちょっと不安なのですが、
一度脱いでもらった方が作者的には扱いやすい気がしています。
R18作家としては、脱がないキャラ、しかも元モブキャラが一番人気って
ちょっと複雑な気分なのですよねぇ…(゚ω゚;A)

先生の目はどうしてもまつげの端がチラ見えしてしまうのですが、
意外と妄想を刺激してくれるようで、ちょっと得した気分です。
実は切れ長どころか、リナベースだから結構タレ目なんですよね。
ここだけの話、過去作でめっちゃ目が透けて見えていたりします(゚∀゚;A)

さて、次回先生はどの程度脱いでくれるのでしょうか。
今日少し作りましたが、まだしぶとく見えておりません。(゚∀゚;A)
2017/05/28(日) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


Story Update!
Ah, I think I'm a little bit similar to Ink. I also like a nice and plump body... little meat! lol lol ( ̄^; ̄)

It is funny that Ink didn't forget about his objectives. For a incubus, he is quite disciplined! lol

(。・ω・)ノ゙ Thanks a lot for the translation, and best of luck on your future updates!
2017/06/04(日) | URL | AkiraKiryu [ 編集] #-


Re:AkiraKiryu 様へ
Always thank you for your comment.
I am very glad.\(*^^*)/

I am glad that my will is conveyed to you.
I also love a little fat women.(*´д`*)

Ink always has a desire.
He has not been missed this opportunity because Unlackie has continued recently.

私の意志があなたに伝わって嬉しいです。
私も少しふくよかな女性が大好きです。(*´д`*)

Inkは常に欲望を持っています。
彼は最近アンラッキーが続いているので、このチャンスを逃さなかったのです。
2017/06/05(月) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomadan.blog.fc2.com/tb.php/197-420829e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック