- Story -
連続絶頂を強いてきた先ほどとは打って変わって、オークの舌先がリナのヘソをほじるようにして腹部を舐めまわしている。まるでリナの身体をじっくりと味わっているかのようだ。

ぬる… ニュル… ぬるる…
170905_01.jpg
リナ「ハァ、ハァ… ハァ、ハァ…」

激しく責められた直後でリナの息は上がり、絶頂感は未だ治まっていない。むしろリナの身体はこの穏やかな責めにじれったさを感じている。

オーク「ブヒヒヒ、身体がヒクついてるブヒな。もっとイキたいブヒか?」
リナ「うぅ… 気持ち悪いだけよ… もういいでしょ… いい加減にして…」

オーク「何言ってるブヒ。まだ始まってもないブヒよぉ。」

オークはさらに下腹部へ舌を這わせ、リナの股間に顔を埋めた。ビキニ越しにオークの舌が蠢いて性器を舐めまわしているのがハッキリと分かる。

チュクッ… チュプッ… チュッ…
170905_02.jpg
リナ「ハァ、ハァ… うっ… んんんっ…」

すっかり発情してしまった身体が淫らな刺激に悦んでいる。リナは声を押し殺し、時折オークを足で押し返そうと抵抗を試みているが、その都度オークの大きな手がリナの足を容易に押さえ込んでしまっていた。

オーク「ジュルル… 無駄な抵抗はやめるブヒ。もう諦めてオマエも楽しんだ方がいいブヒよ。」

リナ「ハァ、ハァ… んくっ… くふっ…」

蕩けた身体に翻弄されながらも、手首のロープを緩めようと腕を動かすことに集中するリナ。しかし、ロープは緩むどころか、ますます締まってきているような気がする。そして、その間もオークは絶え間なくリナの性器をヌルヌルと舌先で刺激し続けている。

ニュル… ニュルッ… じゅるるっ…
170905_03.jpg
リナ「うっ… うぐっ… んんっ… んあぁ・・」

オーク「ブヒヒ、まんこがパクパクしてるのが分かるブヒ。このパンツを脱げば存分にイカせてやるブヒよ。ほれ、もう脱いじまうブヒ。」

そう言うとオークはリナの性器をくわえ込むようにして唇と舌でマッサージし始めた。

ヒクッ… ピクッ…
170905_04.jpg
リナ「はうっ… うっくっ… はぁ… はぁ…」

オークの緩やかな愛撫がひたすら続く。いつしかリナは抵抗を試みることよりも、甘く心地よい快感の方に気を取られていた。すでに救援の自警団がリナを捜索しているはずだが、上手く見つけてもらえるとは限らない。この状況をいつまで耐えていられるのか、リナは不安で一杯になっていた。

オーク「ブフフ、そろそろ限界みたいブヒな。」

オークはリナの足を降ろすと腰布を脱ぎ捨て、愛液で濡れきった股間に固く勃ちあがったペニスを押しつけてきた。

ググッ…
170905_05.jpg
リナ「…はっ!? 嫌っ! ダメッ!」

ペニスのズシリとした重さにリナは一瞬で我に返った。

リナ「これ以上の侮辱は許さないわっ! 正々堂々と勝負なさいっ!」

敢えて大声で恫喝し、弱気になっている自分に活を入れるリナ。気持ちさえしっかり持っていれば少なくとも自身を守ることはできる。

オーク「強がっても無駄ブヒよぉ。ほぉれ、コレを挿れたら気持ちいいブヒよぉ。正直になるブヒィィ。」

オークはリナの膣口辺りにペニスをグイグイと押しつけているが、愛液にまみれたビキニに阻まれ、リナの下腹部でヌルヌルと厭らしく右往左往している。

ヌルッ… ヌルルッ…
170905_06.jpg
リナ「ハァ、ハァ… うぅぅ… 無駄だって… 言ってるでしょう…」

何とかオークを諫めようとするリナの態度とは裏腹に、子宮はオークのペニスを受け入れようと膣口をぬめらせている。さらに、下腹に感じる力強い肉棒の感触と熱い温度にリナの身体は再び絶頂感を求め、腰が無意識にペニスを追いかけ始めた。

オーク「ブフフ、お願いだからちょっとだけ一緒に気持ち良くなるブヒ。そしたらオデはここから立ち去るしオマエも助かるブヒよ?」

リナ「ハァ… ハァ… オークの言うことなんか… 信じないわ…」

しかし、オークはしつこくペニスを擦りつけ、ピクピクとリナの股間で弾ませている。

オーク「ホントにちょっとだけでいいブヒ。な? 先っぽだけブヒ。それですぐ帰るブヒからぁ。」

リナ「ふぅ… ふぅ… な、何を言って… ダメよ… そんなこと…」

その時、オークの甘えた声に、一瞬、リナはペニスを受け入れる快感を想像してしまった。

そして、その心の隙をオークは見逃さなかった。

オーク「ブヒヒッ! 今ブヒっ!」

グイッッ!
170905_07.jpg
リナ「えっ!! あぁっ!!」

オークの指が素早くリナのビキニパンツに潜り込み、グイッと横へ引っ張りずらして性器を露出させた。一瞬ではあるが、リナはビキニ鎧を脱ぐことを望んでしまったのだ。



再びまさかの次回へ続くです。(゚A゚;)

えーと、絶体絶命のピンチ感を出そうとして、我慢できずにズラしてしまいましたw
肝心な所でヤラかしてしまうのがリナらしいと言えばらしいのですが、
他に良いピンチを思い付かなかったのです…(゚∀゚;A)

あと、実はもうすぐ終わりなんですけど、エピローグを含むと見せ場が散らばって
しまうので、ここでエロ回として区切ってみました。
急にヘソ舐めやスマタを思い立って枚数が狂ってしまったのが原因…(゚∀゚;A)

なお、次回は結末のみのようなものなので、更新は少し早めだと思います。
そしてその後はCG集に集中します。(゚∀゚)
スポンサーサイト
[PR]

 
コメント
この記事へのコメント
(≖ω≖。)♪
マキシモ氏(≖ω≖。)好きよのう♪
 
リナちゃん、大ピィ~ンチ!
しかし、マキシモ氏の事だからするりと逃がしちゃいそうです♪
 
手間隙かけてるのは、良く分かるだけに・・・
( *¯ ꒳¯*)大サービスなのだあ♪
2017/09/06(水) | URL | へぼっち [ 編集] #Ayc/EPBQ


むうぅ このオークのやり方は見習わなければなるまい(゚_゚)フムフム… 
1枚目のスケブラは乳輪が見えてるのか、あれが乳首なのか判断が難しいところですw 
3枚目のオシリと4枚目の表情のサービスショットは私ぃ大好きです!! 5枚目は腕を上げられ腋もペニスもオークの姿も見えていて絶体絶命のピンチ感出ていると思いますよ。そして6枚目は堕ちたの確認して軟攻に切り替えましたねぇ オークさ〜んww

テキストも面白くて、もうオークぅ魔法のパンツの上からぶち込んじゃえよとエロく盛り上がったよー∩(゚∀゚∩)
リナの可愛さ満点、2枚目は反ってるポーズも良く見たいとこも見れてナイスアングル賞決定です。3・5枚目は壁紙審議会が緊急会議を招集しましたw
いやいやいやオークさんの責めをもっと堪能したいけど次回ダイジェストでのリナのアヘ顔で我慢するしかあるまいか(*>_<)
オークよ!その手の女はケツの穴に最初にぶち込んでやると従順になるってうちのかーちゃんが言ってたぜぇ(*`ー´)ニヤリ
2017/09/06(水) | URL | suha [ 編集] #-


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/09/06(水) | | [ 編集] #


Re:へぼっち様へ
Pixivとダブルコメントありがとうございます!(・∀・)

だって好きなんだもーん(*´д`*)

いや、何を指してのことなんだろう? もしかしてマンネリってこと? むぅ…

だって好きなんだもーん(*´д`*)

この一言ですべて解決することに気付いた。(*´д`*)
2017/09/06(水) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


Re:suha様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)

スケブラは乳輪ですね。リナは陥没乳首なのでこういうモッコリ型になってしまうのです。
陥没の頑固さは作品によってマチマチですが、魔窟1が一番手強かった気がしますw
一応はメインヒロインなのに変な特徴を付けてしまったもんです…(゚∀゚;A)

私も今回のリナはなかなかいい表情をしてくれたと思います。
だから表情を見せるためのカットを入れて、それからテキストを書いたのですよねー。
この辺りの見せたい部分をちゃんと受け止めても良かった。(*´д`*)

さらに壁紙審議会とは光栄です! 自分のキャラがどこかの誰かの壁紙になるなんて、
作家冥利につきますよ。いや、でもこんなエロ画を壁紙にして大丈夫なのだろうか…(゚∀゚;A)
とは言え、壁紙を意識した画を改めて作ると、パッとしない代物になるのが常ですからね。
審議会に取り上げてもらえただけで充分嬉しいです。(*゚∀゚)=3

次回は一応最終回で、結構呆気なく終わる予感です。
個人的にはこのままずっとネチネチ責めていたいですが、アレもコレもと盛り込むと
ダレちゃいますしね。また違うストーリーでネッチリすることにします。

そして、初手から尻にぶち込んで従順にさせるというアイデアはどこかでやりたいと思います。
ワイルドなおかーちゃまに宜しくお伝え下さい。(*゚ー゚*)
2017/09/06(水) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


Re:コメント非公開様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)

確かに乳首透けはもう少し控えた方がエロかったかもしれませんね。
この後脱がさないだろうから、ちょっと大胆にやりすぎましたw
テキストを褒めていただいてありがとうございます。
気持ち的には紙芝居を作っている感じでしょうか。
だから小説のように長い文章を書ける人はすごいと思います。
長文コメントなら得意なんですけどw

さて、この後オークは種付けに成功するのでしょうか。
次回を乞うご期待!(白目)
2017/09/06(水) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


そそられます♫
リナちんのピンチ顔と乳首☆ そーかビキニ鎧は白いから濡れると透けるんですねえ~これはオイしいw ぷっくり乳首がモロだしじゃない分実にエロいです☆ なかなか気長に責めるもんだな豚ー
2017/09/06(水) | URL | kuro [ 編集] #-


Re:kuro様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)

うちの豚君は段取り重視の紳士が多いですからねw
でも、やっとこさ準備が整ったので次回はお楽しみの始まりっ!
( ´-`).。oO(と、豚君は思ったのだった…)

ビキニは透ける白で良かったです。
ここまで透けたら気持ち的には脱がしているようなものですが、
実際には脱げていないという便利なコスになりました。(*´д`*)
2017/09/07(木) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


前戯に定評のある豚くん
腹筋当たりをネチョネチョと舌で舐め回すの、素晴らしいですねΣd(゚∀゚d)
この豚くんとは話が合いそうです(ぁ

しかしまぁ、あれですな。
やっぱりエロシーン作ってると、当初の予定よりお話が長くなっちゃうんですねww
2017/09/08(金) | URL | 二万マイル [ 編集] #-


Re:二万マイル様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)

久々にやったへそ責めですけど、今回はなかなかイイ感じの画になりました。
今回は胸も股間もガードされていたので、無防備なおへそを狙ってみた次第です。
なかなかどうしておっぱいと表情が画面内に収まる優秀な責めですよねー。
気持ちイイのかどうかは置いといてw、

エロが始まるとアレもコレもとついつい画像が増えてしまうのですよねー。
引き際を間違うとダラダラ冗長な展開になるので気を付けないといけませんが、
割とヤラかしている気がします。(゚∀゚;A)
2017/09/08(金) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


Update!
Ah, this brings back so much memories from your first CG product release, "魔窟に捕らわれた者たち ~リナ陵辱編~". I will remind myself to look back on it later.

Maybe the orcs are more sexually talented than before. ( ´ ▽ ` ) lol
2017/09/16(土) | URL | AkiraKiryu [ 編集] #FF3H9HIM


Re:AkiraKiryu 様へ
Always thank you for your comment.
I am very glad.\(*^^*)/

I am currently preparing translation texts to attach to past CG collections.
But it is a very long sentence and I regret it.(゚∀゚;A)
I think that it will take a little time, but please be patient as it will definitely be completed.


私は今、過去のCG集に添付するための翻訳テキストを作成中です。
しかし、それはとても長い文章で私は後悔しています。(゚∀゚;A)
少し時間がかかると思いますが、必ず完成させますのでお待ち下さい。
2017/09/16(土) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomadan.blog.fc2.com/tb.php/206-78ef007a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック