- Story -
ノロマは先生の腰に手をかけると、スカートを強引に下ろしてしまった。

180824_01.jpg
先生「うひっ… ちょ… ちょっと…」

先生は抵抗しようにも体がすくんで動けない。オークの目的は分かっているが、自分がこの事態をどうにかできるとは到底思えず、頼みのアニーはどういう訳かオークに与してしまっている。

ノロマ「ブヒヒ、抵抗しないとはいい心がけブヒな。どれ、上着をまくって股をもっとよく見せるブヒ。」
180824_02.jpg
先生「はっ、はいっ… うぅ、こっ、これでいいですか…」

先生は震える手で上着の裾を持ち上げ、オークの目の前に下着を露出した。

ノロマ「ブヒィ、色気のない地味なパンツブヒなぁ。」

先生「ひぃぃ、す、すいませんっ…」

ノロマは先生の反応にニヤニヤしながら股間に顔を埋め、鼻を鳴らして匂いを嗅ぎ始めた。

180824_03.jpg
ノロマ「クンクン… オマエ、あんまり匂いがしないブヒなぁ。」

先生「はひぃっ、そ、そんなことを言われましても…」

先生「ア、アニーさんっ… わたくし… どうすれば…」

思わず背後のアニーにすがる先生。

アニー「ノロマに身を任せればいい。彼は私たちを幸せにしてくれる…」

先生「えぇぇ…」

やはりアニーは頼りにできそうもない。彼女が何をされたのかは分からないが、今はオークに心酔してしまっている。こうなると、ここにアニーをおいて自分だけが逃げるわけにはいかない。

ぐりっ… ぐぐっ…
180824_04.jpg
ノロマ「フガッ… ブフッ… ブフフッ…」
先生「うぅぅ…」

オークは執拗に股間の匂いを嗅いでいる。オークの熱く湿った鼻息で下着が蒸れ、大きな鼻先が厭らしく股間をまさぐっている。

しかし、先生はアニーを助けなければと決心した途端、小さな勇気がわいてきた。例え自分が穢されたとしても、アニーが正気を取り戻しさえすれば、二人でここを脱出できる可能性はある。ここは潔くオークに抱かれ、それとなくアニーを正気に戻す方法を聞き出すのだ。

ノロマ「ブヒヒヒッ、もう我慢できないブヒィ。」

そのとき、先生の身体に欲情したノロマが先生を押し倒した。

180824_05.jpg
先生「はひぃぃぃっ!」

自分に覆い被さろうとしてくるオークの迫力に思わず悲鳴を上げる先生。たった今振り絞った小さな勇気が恐怖にかき消され、身体がガタガタと震え出す。

ノロマ「ブーヒヒヒッ、そんなにオデが恐いのかぁ。ブヒヒヒヒッ。」

オーク砦では人間に出会う機会もなく、他の屈強なオークたちに怯えながら雑用に明け暮れていたノロマは、自分が恐れられるという新鮮な感覚に興奮した。

先生はもはや自分が何をされているかという以前に、目前に迫ったオークという魔物の圧倒的な存在に怯えきっていた。そして、ノロマはそんな先生の様子を楽しんでいる。

ノロマ「ブヒヒヒッ、こんな布きれ、もうオマエには必要ないブヒな。ほれっ。」

ビリリッ
180824_06.jpg
先生「ひぃぃぃっ!」

ノロマは先生の下着を指先でつまむと、紙のように軽々と引きちぎってしまった。



私には珍しく、下半身から責め始めてみました。
尺的に即本番は避けたいので、ちょっとゆっくり進めようと思ったら
普通にスカートを脱がせるオークの図という我ながらシュールな画が誕生しましたw

今回はアニーが頼りにならない、そして先生はやっぱりヘタレだったという確認回ですね。

先生の衣装は上着を新調して裾をつけました。エロい感じのw
元々先生は脱がせる予定がなかったので、スカートを脱いだ状態を考慮しておらす、
これまで先生の白衣はソフビの胴体みたいな構造でしたw
しかも、実際の2ピース白衣の上着は裾を出すタイプが一般的のようで、
裾をスカートに入れ込むなんて相当ダサいファッションなのかもしれません。
機能的だと思ったのになぁw

そしてインナーとして白タイツを履かせてみました。
ナースらしいパンストも試しましたが、質感をうまく表現できなかったので、
リナのタイツを薄手にしております。
そして、パンティはお約束のベージュです。もう脱げましたがw

さて、次回からちゃんとエロいシーンになると思います。
全10話という長尺は、ちょっと自信がなくなってきてますけど…(゚∀゚;A)

あ、あと、先生の表情がどうたらこうたらはもう言いません。きりがないですw
この先どうなっても、先生を担ぎ上げた皆さんの連帯責任ですからねヽ(´ー`)丿
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

 
コメント
この記事へのコメント
引っ張りますねぇ……。
下半身から脱がせるとは中々面白いですねw
服装についてかなり試行錯誤されてるようですが、白タイツはかなりいい感じだと思います!

先生の表情は、この流れまかせで全然問題ないので気の向くままにやっていただければ我々は満足できますですハイ(^q^)
2018/08/25(土) | URL | 二万マイル [ 編集] #-


Re:二万マイル様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)

大体いつも3話から本気出すみたいな感じなので、2話までは説明回なのです、たぶんw
白タイツは次回からよく見えると思いますが、ノロマは図体が何かと邪魔ぁ!
でも、スカートが脱げてすぐ生足よりもワンクッションというか、
別の楽しみができるかもーとノリノリで履かせてしまいました。
何かと手作りなので、もったいぶった自己満な見せ方になって申し訳ないですw

あと、先生の表情は皆さんの想像力次第ですのでよろしくお願いします!(=∀=)
2018/08/25(土) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


♪(`・∀・´)ノ))
どぉ~もぉ♪(`・∀・´)ノ))
 
クルクルと変わる心情が、メガネ先生らしく面白い。
私は、メガネ先生無双を希望したので・・・
何があっても、責任を持ちません!(。+・`ω・´)キリッ☆
 
続きを期待してます。
もちろん、メガネ先生無双ですw
2018/08/25(土) | URL | へぼっち [ 編集] #Ayc/EPBQ


Re:へぼっち様へ
Pixivとダブルコメントありがとうございます!(・∀・)
拍手コメントまでありがとうございました。

メガネ先生無双… Pixivでも言われましたが、日傘を持ってきていれば
何かこうワンチャン的な使い方をできたのになーと後悔中です。
なぜ忘れてきたしっ(゚∀゚;A)

でも、一応、先生は番外編でオークを倒してますからね!(゚д゚)
並のオークなら先生にチャンスはありませんが、ノロマ相手ならもしかしたら…
というフェイクのフェイクっぽいごまかし方でお茶を濁しておきますw
2018/08/25(土) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


頼もしい☆
先生意外に冷静だ。オークがのしかかってくれば誰だってパニくるだろうし、まだ起死回生の余地あり! つか先生しかキーパーソン居ないしなあw 
2018/08/26(日) | URL | kuro [ 編集] #-


Re:kuro様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)

先生はなるべく庶民的であろうと心がけておりまして、
他の戦うヒロインのように勇気や正義感を発揮しようとしても、
萎縮したり諦めたりしちゃう感じでしょうか。
一瞬だけ強気に出てヘタれるパターンかなぁw
でも、主役を張ったからには見せ場を作ってもらわねば!
2018/08/26(日) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomadan.blog.fc2.com/tb.php/235-86c28e38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック