- Story -
131209_st01.jpg
セリア「約束通り私の精気を捧げるわ…… や、優しくしてよね……」

インプ「へへへ、しっかり感じて精気をたっぷり吸わせろよ。」
131209_st02.jpg
セリア「ま、毎日こんなことをするわけじゃないからな。」

インプ「ふっ、毎日してほしいって言わせてやるぜ。」




131209_st03.jpg
インプ(って感じで行ってみるか……)

インプ(しかし、まさかこのオレ様が“生贄の者”を持てる日が来るとはな。しかも若くて巨乳でちょっぴり美人ときたもんだ。これからは毎晩アイツと……ヒヒヒヒ)

インプ(それにしても遅いなアイツ。一体どこまで行ったんだ……)




自警団を脱出して3日が経過していた。その間セリアはひたすら人目を避け、険しい森や林を這いずり回るように歩き続けた。そして3日目の夕暮れになってようやく休息できそうな穀物倉庫を発見した。

131209_st04.jpg

その穀物倉庫は人里離れた小さな村のはずれにぽつりと建っていた。村からは距離があり、周囲は森に囲まれている。しかも今は時期的に使われておらず、理想的な隠れ場所だった。セリアはここで一晩ゆっくり身体を休めてから、改めて今後の計画を考えることにした。



- 1時間前 -

セリア「よ、よし…… こ、今夜はここに泊まるわ。私はそこの小川でちょっと水浴びしてくるからアンタはここで待ってて。もし覗いたりしたら只じゃおかないわよ。いいわね?」

インプ「何言ってんだよ。オレもついて行くぜ。オマエはもうオレの女なんだからな。これからはオレの言うことを……グギャァァ!」

セリアが鬼の形相でインプの頭を鷲掴んだかと思うと、側にあった樽の中へ強引に押し込んだ。そしてさらに蓋を閉め、その上にランタンを乗せた。

131209_st05.jpg

セリア「はぁはぁ…… 私が戻ってくるまでその中でじっとしてるのよ。蓋を開けようとしたらこのランタンが落っこちるからな。分かったな?」

インプ「テメェ、オレ様にこんなことをするとは……」

セリア「あーもー、うっさいわねっ! もうクタクタなのよ…… 腹は減ってるし、身体はドロドロだし、これ以上私の機嫌を損ねたら…… アンタ後悔するわよ……」

セリアの殺気立った声にインプは身の危険を感じた。

インプ「お、おう…… オレはここで荷物を守ってやるぜ。」


セリア「じ、じゃぁ、ちょっと行ってくるわ……」

セリアはヨロヨロと倉庫を後にした。



そして1時間が経過した。

131209_st04.jpg
インプ(いつまで水浴びしてんだアイツ……)

インプ(まぁ、夜は長いしな。小綺麗になったアイツをまた汗まみれにして…… ウヒャヒャヒャ……)



さらに1時間が経過した。

131209_st06.jpg
インプ(しくしくしく……)



CG集が完成して腑抜けておりましたが、何とか新エピソードが始まりました。

何だかコミカルなノリになっておりますが、もちろんこの後しっかりエロ展開へ移行してまいります。今回の主役はインプ君です。彼の秘密や能力をエロシーンを交えながら解説していく感じになると思います。でも大まかな流れしか考えていないので、肝心のエロ内容もオチもまだ考えてません。例によって行き当たりばったりで色々実験しながらやっていこうと思います。

なお、セリアは旧モデルのままです。新型セリアはスキン設定が思いの外面倒くさい時間がかかっておりまして、このままだと次の更新がどんどん遅れるので、思い切って新エピソードに取りかかりました。地味な関節の設定作業と違ってモデリングはやっぱり楽しいです。それが例え倉庫や荷車でも。(*゚▽゚*)

それと、今回からサムネ画像を大きくしました。スマホを持っていないので表示確認は出来てないのですが、問題があるようならご報告下さい。従来のサイズに戻します。

では、どうなるか分かりませんが、今後ともよろしくお願いします。m(_ _)m



This is simple translation in simple Japanese. (゚A゚;)

Cellia says: I stick to an agreement. Please embrace me.
Imp says: I present you the ecstasy. And, I get your energy.

Cellia says: It is not every day. It is special tonight.
Imp says: I make it say that it will want you to hold every day. hehehe.


Imp imagined the happy future.


- Three days after the escape -
Cellia discovered the grain warehouse. There is no village to be near. Here is safe.
Cellia decided to stay here. She was very tired.

Cellia says: You stays here. I bathe in the nearby river. I return at once. You must wait here.
Imp says: No! It is unpleasant. I also go to the river. You are my mistress. Obey my instruction.

Cellia says: What?

Cellia pushed Imp into the barrel.

Cellia says: YOU MUST WAIT IN THIS! If going outside... Im kill you...
Imp says: I see... Yes,sir...


- Passage of one hour -
Imp think: She is slow. Where did you go?
Imp think: She is embraced tonight. It is very the enjoyment. hehehe.


- After that, one hour passes -
Imp cried sadly.

スポンサーサイト
[PR]

 
コメント
この記事へのコメント
(。>ω<)ノ Update!
Excellent update!

Imp would like to "embrace" Cellia everyday~ wwwwo(>▽<)o

I love how Cellia keeps her assertiveness towards the imp. But when the imp becomes the "monster", it feels the complete opposite. Erotic part, too.

Maybe, I think the imp will be the reason ACT3 will be better than ACT2 (⌒_⌒)

Thanks, and good luck on future updates!



2013/12/09(月) | URL | Akira錐生 [ 編集] #FF3H9HIM


コメントありがとうございます!(^^ )
Re:Akira錐生 様
Always thank you for writing the message.
I am very glad. \(*^^*)/

Imp wants to embrace Cellia.
Cellia wants to reject him as much as possible.
However, Cellia had promised to Imp.
Cellia is embraced by Imp and gives him energy.
Imp receives her energy, and gives her magic power.
Cellia and Imp silent fight starts. (^^;)
2013/12/09(月) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


セリアは強い
やっぱり閲覧者の予想通りセリアは戻ってこなかったですね。(*_*)
話の初めではどれだけ巨大で邪悪な魔物かと思わせたインプくんが可愛らしいのもツボでだと思います。
昔からヤンチャな美女とお伴の小者って定番ですから、しっくりくるわけです。(>_<)
でもこのインプくんも見た目とは大違いで、魔界では有名な魔物というシチュであれば面白いと思います。
セリアが殴ったり、蹴ったりしてヒーヒー言っているのに、いざという時は巨大な力を披露する。
インプくんにはそんなキャラであって欲しいなぁ・・・。(>_<)
2013/12/09(月) | URL | なかカジ [ 編集] #-


コメントありがとうございます!(*´ο`*)
なかカジ様へ
コメントありがとうございます!(^o^)
インプ君の小者っぷりが逆に大物感を臭わしている・・・のかな?もしそうだとしたら、セリアはどんなピンチに陥っても最後はインプ君が本気モードで助けてくれるという流れが完成して、かなり無茶ができそうな気がします。(*_*)キラーン  ストーリー的にもいろいろ膨らみそうだなぁ。リナにもそんな相棒がついてたら良かったのにねぇ。(゚ω゚;A)

でも、今のところはそういう予定はありません。何故ならEXインプ君を作る技術やセンスが私にはないからです。(・∀・)ハハハハ フルスクラッチが故の制限というか、所詮私の技術は女の子の顔しか描けない絵師のようなものなのです。(><;)

それはそれとして、今はまだ緩い設定で進めていこうと思います。EXインプ君を含め、後からどんなアイデアを思いつくか、実現できるか分かりませんからねー。ヽ(*゚ー゚*)ノ
2013/12/09(月) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/12/10(火) | | [ 編集] #


コメントありがとうございます!(´ー`* )
コメント非公開様へ
コメントありがとうございます!
それは本気インプ君を作る場合の工程ということですよね?これはデザインにもよりますが、人間型ならオークやセリアを改造して作ることになると思います。もっとクリーチャーっぽい感じならゼロから作ることになりますね。あ、いや、だから本気インプ君なんてやりませんって。(゚ω゚;A)

それと、チビインプ君はベースモデルにするにはあまりにも簡素な作りで、巨大化には向かないようです。関節もソフビ人形並に単純で、鎖骨は入ってませんし、手の指なんか4本で1本扱いだったりして。こんなことならもっとしっかり作るべきだった・・・。(゚A゚;)

本気インプも含めバケモノのデザインは難しいので閃き待ちですね。自作はデザインも自作になる上、自分の技術で実現可能な形状という制限まで付いて何かと大変です。(><;)

でもまぁ、本気インプ君できたらいいですねぇ。もっとも、そんな伏線を仕込んでも、回収できるまでこのブログを続けていられるのかという別の大きな問題がありますけど。(^^;)
2013/12/10(火) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


セリアどこ行っちゃったのかな。
インプ置き去り?
2013/12/10(火) | URL | CANDY [ 編集] #-


コメントありがとうございます!(゚∀゚)
CANDY様へ
コメントありがとうございます!
自分でやっておいて気が付かなかったのも変な話ですが、インプ置き去りってのも面白いですね。次回からはインプ一人旅になります。なんて展開になったら閲覧者様が解散しそうですけど。(笑) もちろん、セリアは戻って来ます。彼女には今回も一肌脱いでもらわなければなりませんから。(´ー`* )
2013/12/10(火) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


新エピソードのこれからを楽しみにしてます(^^)
頑張ってくださいね(^^)
2013/12/11(水) | URL | セリア大好き! [ 編集] #-


コメントありがとうございます!(*゚ー゚*)
セリア大好き!様へ
コメントありがとうございます!
楽しみにして下さっている方がいるとモチベーションも上がりますので頑張ります!

今回のエピソードはあまりハードな展開にはなりませんが、エロ度は高くなるような予感がいたします。(*゚ー゚*)
2013/12/12(木) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


さて、その頃セリアは…
①水辺で寝っこけている
②水辺で道に迷っている
③水辺で雲助に犯されている
このどれかかなあw

自分の貧弱な想像を上回る展開を期待してます♪ おっぱい分多めでよろしく~(爆)
2013/12/17(火) | URL | kuro [ 編集] #-


コメントありがとうございます!ヽ(´□`)ノ
kuro様へ
コメントありがとうございます!(^^ )
更新から時間が経って、もう来ないだろうなと思ってた頃に来るコメントというのはボーナスを貰ったみたいで嬉しいです~。(´ー`* )

次回分はもうすぐ完成します。その頃セリアは・・・うぅ、どれにしても面白そうな三択だなぁ。個人的にはもちろん③がいいです!(*゚▽゚*) でも実際は・・・すごく普通の展開だったりして。エロシーンへ導入回になりますので、色々仕込む感じで。そして、おっぱい分はきっと多めになると思います。ならないわけがないっ!(*゚ー゚*)
2013/12/17(火) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


セリアはきっと、「30分で完食すれば無料、食べ放題」とか看板を出している飯屋で食料庫が空になるまで食い続けているんじゃないかと思います。
2013/12/21(土) | URL | CANDY [ 編集] #-


コメントありがとうございます!(゚∀゚)
CANDY様へ
コメントありがとうございます!(゚∀゚)
うはっ!その予想は結構近いです!(゚◇゚;)
たった今2話目を更新しましたが、“食事”がテーマということは大当たりですね。
まさかエロメインなブログでこんなシーンを入れてくるとは予想されないと思ったのになぁ。(笑)
2013/12/21(土) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


酔っぱらっちゃったセリアは、オラオラオラとインプを逆レイプしちゃって、「ヒイイ助けて」と言わしちゃうとかもいいかも。
セリアは酔っぱらっている間の記憶がないので、インプはそれをいい事に「お前をたっぷり泣かせてやったぜ」なんて当社比1000倍ぐらいにほら吹きまくるとか。
2013/12/26(木) | URL | CANDY [ 編集] #-


コメントありがとうございます!(゚∀゚)
CANDY様へ
コメントありがとうございます。
何ですかその「今日はこれぐらいで勘弁しといたるわ」的なステキシチュ。(笑) それにしても逆レイプ!その発想はまったくありませんでした。その発想があったならインクとの体格差をもっと少なくして、抱き合えるサイズにしてましたよ。そしたらオネショタっぽいシチュとかもできたのになぁ。これはミスった……。(゚A゚;)

翌朝記憶がないというのも面白そうですね。今回のストーリーはそれに近いかもしれません。たぶん、次回の展開でラストまでの流れがほぼすべてわかるというか、予想できると思います。そのありきたりなストーリーを如何にエロで盛り上げるかがテーマになりそうです。今回は(も)エロ重視です!(笑)
2013/12/27(金) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomadan.blog.fc2.com/tb.php/58-3763fd78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック