- Story -
何度も失敗した末に、ようやく手に入れることができた念願の“生贄の者”セリア。

しかし、実際には全く思い通りにならないどころか、機嫌を損ねると殺されかねないじゃじゃ馬だった。このままセリアに虐げられているわけにはいかない。インキュバスのプライドに賭けて、この女を従順な雌奴隷に堕落させなければ。

140224_01.jpg
インク「よぉし、今夜からオマエを立派な雌奴隷に調教してやるからなぁ。ケケケケ。」

インクはある計画を企てていた。
自警団での一件を見た限り、セリアは強靱な肉体と傲慢な性格を持つ反面、性的な責めには弱く、精神的にも脆い部分が多い。まずはセリアが気付かないうちに身体を淫乱に開発し、性的な欲求を抑えきれなくしてしまうのだ。現にインクにはセリアを牢獄でほぼ堕としたという自信があった。

インク「とりあえずパンツを脱がさないとな。汚したらバレちゃうし……ってクソッ、何ビビってんだよオレ!」

インク「そ、そうだ。脱がせるのはパンツが邪魔だからだ。こんな布切れなんぞこうしてやるっ!」

140224_02.jpg
インク「くそっ…… お、重いぜ……」

セリアのブルマがゆっくりとずり下ろされていく。

やがてブルマをずらし脱がせると、セリアの秘部があらわになった。

インク「おおお……」

先ほど一度絶頂したからか、奥の方はまだ湿り気を帯び、雌の匂いを漂わせている。インクとしては、まずゆっくりと愛撫しながら様子を見るつもりだったが、飢餓状態の今、この愛液の匂いは強烈すぎた。

インク「だっ、ダメだっ。一口でも吸わなきゃ治まりがつかんっ!」

140224_03.jpg

インクはセリアの股間に顔を埋めると、長い舌で性器の入り口を丹念に舐めはじめた。ぬるぬると器用に動く舌が絶え間なく這いずり回り、治まっていたセリアの性感が再び呼び起こされていく。

執拗に性器を舐め回されるセリアの股間が愛液を滲ませるのに時間はかからなかった。インクは夢中で愛液をすすり、さらに舌先で甘い刺激を与え続ける。

140224_04.jpg
インク「ジュルル…… やっぱりガキみたいに酸っぱいヤツだな。すぐオレ好みの濃厚な味にしてやるからな……」

すでにインクの愛撫は数十分続いていた。その心地良い刺激は絶頂に達するほどではなかったが、セリアの手は物欲しげにモジモジと宙をさまよい、身体を上気させている。

インク「どうだ? 気持ちいいか? そろそろ挿入してほしいんじゃないか?」

140224_05.jpg
セリア「うん…… 気持ちいい…… 早く…… お願い……」

睡眠中のセリアは心が解放されており、嘘をつくことなく本心をそのまま答えてしまう。しかし、それはセリアの意志とはまた別物で、インクにとってこのセリアの言葉はうわ言にすぎなかった。

インク「ケケケ、良い答えだ。いつか正気の時にそう言いたくなるほど身体を開発してやるからな。」

インクはゆっくりと立ち上がり、濡れそぼったセリアの股間を見つめながらつぶやいた。

インク「よし、ちょっと味見しすぎたが、そろそろ調教を始めるか。クケケケケ。」

不適に笑うインクの前で、セリアは夢心地に満足げな表情を浮かべていた。



オッサン画像連投でブログのカウンターが案の定見事に止まりました。さっさとセリア更新で路線を戻します。もちろん今回からエロパートです。(*゚ー゚*)

って、何だか変なシチュになってますけど、エロとして成立してますよね?(゚ω゚;A)

まずはいきなりブルマ脱がしっ!早速モザイク動員です。本当は中にパンツを履いてる設定だったのですが、二重構造はすごく面倒なのでやめました。股間の造型も若干作り直しております。なんと言いましょうか、モリ……肉厚になりました。(つд⊂)

しかし、セリアが終始マヌケな感じになってしまったような?人間油断しきっているとこんなものなんだと思うのですが、おかげでまったく緊張感のないピンチシーンですこと。そもそもピンチなのかすら怪しい。(・д・)

次回からは調教モードに入りますが、まだ最初の夜なので大したことはしないと思います、たぶん。かと言って次の夜があるのかと言われると困るのですが。(´ε`;) 一応、インクは本気になれば触手を始めとするエロい器官を色々出せるはずですので、そっち系のアイデアも追々考えていかないといけませんね。適当にウネウネさせておくだけでも結構それっぽい画になりそうな気はしますけども。

そして、今回はインクも少し改造しました。なんと口が開閉して舌も動きますっ!実は今まで動いていなかったのですよ。元々はリナに退治されるだけの固定オブジェクトだったのに出世したなぁ。(´ー`* )

ただ、カメラアングルが早くもネタ切れです。『セリア拘留』で散々悩まされたのにまたしてもです。何とかポーズを変える方向へ持っていかなければ……。まぁ、同じ回に同じアングルがなければいいよね~、なんて言い訳を先にしておこうかな。(´ε`;)



This is simple translation in simple Japanese. (゚A゚;)

At last, Ink was able to obtain the sacrifice.
However, the sacrifice is saucy. It is a woman frightening when angry.
Ink should make the woman an obedient character slave.
It is an obligation as the incubus.

Ink says : You are trained tonight. It makes it to my enchanting slave. kekeke...

Ink planned one's strategy.
Cellia has a strong body. The character is violent.
However, Ink witnessed it in the prison.
Cellia is weak to sexual stimulation. It becomes timid when becoming inferior.

Ink decided to make body of Cellia degenerated.
It accomplishes it while Cellia is sleeping.
Time is taken for days how many and it secretly accomplishes it.

Ink took off shorts of Cellia.
Do not wet shorts. She must not let the secret at night be noticed.

Ink of hungry began to lick genitals of Cellia.
Ink is licking obstinately.
Cellia has been gradually becoming pleasant.

Ink syas: Are you pleasant? Do it want you to insert it slowly?

Cellia was answered to the question of Ink.
Cellia says : ...Yes. It is pleasant. I want you to insert it right now...

Cellia to be asleep cannot tell the lie.
However, the contract is not admitted in talk in sleep.

Ink says : Please say the word when you stay up some time.
Ink says : I have you say without fail.

Ink says : Training is started now for that.
Ink says : Your body is remodeled. It becomes impossible to resist a sexual desire.
Ink says : It will take time. It trains little by little every evening.
Ink says : You are not noticed.

Ink says : Then, the training tonight begins. kekeke...

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
 
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/02/24(月) | | [ 編集] #


コメントありがとうございます!(゚∀゚)
コメント非公開様へ
コメントありがとうございます!(*^^*)
そうか、何かが足りないと思ったら「背徳感」でしたか。言われてみれば確かに今回はちょっとコミカルなノリになってますよね。私にはそんなつもりはないのですが、インク主導のエピソードってことで、あまり緊迫した感じになりにくいのかも?でも、特に気にせずこのままやってみます。まだラストしか考えてないので、これから何が起こるか自分でも楽しみです。(*゚ー゚*)

弟者の考察はなかなか恐ろしいですね。早くコイツが活躍するシーンを作ってどんな画になるか見てみたいです。(笑)
2014/02/24(月) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


(。>ω<)ノ Update!
Hello マキシモ! Excellent update.

I hope Ink's sexual training will pay off ヾ(゚▽゚ )

Second picture: Angle is unbeatable~ (・ω・ )

Third picture: Attack! lol

Pleasant Cellia enjoying pleasure; this last picture is my favorite.

(。・ω・)ノ゙ Good luck on your future updates!
2014/02/25(火) | URL | Akira錐生 [ 編集] #FF3H9HIM


コメントありがとうございます!(´ー`* )
Re:Akira錐生 様
Always thank you for writing the message.
I am very glad.\(*^^*)/

I am choosing while enjoying the camera angle.
However, it is noted that the camera angle that looks like well doesn't increase.

This story ends when Cellia wakes up.
Maybe, the ecstasy is compelled to Cellia many times by this training. (;゚∀゚)=3
I want you to work hard at Ink by all means. (´ー`* )
2014/02/25(火) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


始まりましたか~♪
まあノリがコミカルなのは今に始まったことでないし(爆)、慌てず騒がず注目して行きまっせ☆ 何せ男優がインクだから、覚悟はしてますw
2014/02/26(水) | URL | kuro [ 編集] #-


コメントありがとうございます!(;゚∀゚)
kuro様へ
コメントありがとうございます!(*^^*)
フヒヒ、良い覚悟です。(笑)
仰る通り男優インクが曲者なんですよね。一応真面目にピンチを描いているつもりなのに、コイツが喋ると妙にコミカルな感じになってしまい、それに釣られてセリアも変なノリになっちゃってます。セリアなんて寝てるだけなのに。(笑) 最近は、悲壮感が漂いがちなリナと雰囲気が違ってそれもいいかな?と思ってきてます。(´ー`* )
2014/02/27(木) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomadan.blog.fc2.com/tb.php/72-c459e127
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック