- Story -
突如目の前に現れたリナ。あまりにも不自然な出来事ではあったが、催眠状態のセリアはリナの言葉に疑問を持つことも、偽物だと気付くこともできない状態になっていた。思いがけない再会に嬉しさで涙が溢れ出てくる。セリアは連続殺人犯の濡れ衣を晴らすまでは、リナとの再会はないと覚悟していたのだった。

140421_01.jpg
セリア「リナ… どうしてここに…」
リナ「あなたに逢いたくて来たのよ……」

セリア「私も… 私も逢いたかったんだ……」

リナ「そかそか。んじゃ始めよっか。」

セリア「リナ… 私……」

リナ「ん? なぁに? 何して欲しいのかなぁ?」

セリア「リナ、ごめんね。私ずっとリナに謝りたかったんだ。」

リナ「う、うん……」

セリア「私… リナを裏切って村を飛び出して… リナが… ぐすっ… リナが一番辛かったときだって… 私は何も知らずに馬鹿ばっかりやってて……」

セリア「ひっく… そ、それに……」

セリアは心の奥で抱いていたリナへの負い目や、自身に対する後悔の念を泣きながら一気にぶちまけた。

140421_02.jpg
リナ(えぇぇ… 何で? 何で懺悔が始まってんの? めんどくせぇ~)

セリア「ぐす… だから……」

リナ「セリアッ!」

セリア「えぇ…? ぐじゅ……」

リナ「あなたの気持ちはよぉく分かったわ。うん。全部許す。ぜ~んぶ許しちゃうっ! だから今夜は仲直りの記念に目一杯楽しもうよっ! 私はそのために来たのよっ!」

セリア「本当に… こんな私を許してくれるの……? ぐすん」

リナ「許す許す。そんなことよりさっ、気持ちいいことしようよ。ほらぁ、私のことが大好きなんでしょう?」

リナはセリアの乳首をつまみ上げ、指先で揉むように刺激し始めた。

140421_03.jpg
セリア「ちょ、ちょっとリナ… はっ、恥ずかしいよ……」

モジモジと恥ずかしがりながらもリナに身を任せるセリア。

リナ「へへへ、可愛い反応しちゃってまぁ。あら? もうコリコリしてきたわよ。そんなに気持ちいい?」

セリア「はぁはぁ… う、うん… 何だか変な気持ち……」

リナ「そう、よかった。インクちゃんにもこういう事させてあげてね。ああ見えて結構いい子なのよ。」

セリア「インク… アイツはリナと会う前に何とかするつもりだったのに… ごめんね……」

リナ「むぅ、そうはいかねぇぞぉ。」

リナは指先に力を入れて乳房を強く引っ張り上げた。

140421_04.jpg
セリア「いっ、いでっ…… リナ、ちょっと痛い……」

リナ「あはは、インクちゃんとは仲良くしないとダメなんだからぁ。私からのお願いよ。分かった?」

セリア「あっ、ああぁっ… わ、分かった。努力… あぅ… してみる……」

リナ「よろしい。それじゃぁコレはご褒美よ。」


リナはセリアの股間に指先を差し入れ、優しく刺激し始めた。

140421_05.jpg
セリア「はぁはぁ… リナ… そんなところ… ううっ……」

リナ「いい感じに濡れてるわねぇ。その調子でどんどん感じるのよ。でもイクときはちゃんと言うようにね。」

セリア「うぅぅっ… す、すごい… リナが私を……」

リナ「ふひひひ。そうよぉ、あなたがだぁ~い好きな私よぉ。」


リナ「そう言えば私が初恋の相手なのよね? どうして私が好きなのかな? ちょっと興味あるなぁ。ヒヒヒ。」

セリア「それは… はぁはぁ… リナは私がちっこい頃から… ずっとお姉さんみたいに… うぅ……」

リナ「ほうほう、それでどうしたの?」

リナが質問している間も股間に伸びた指先がセリアの膣口をなぞるようにヌルヌルと厭らしく動いている。すでにその指先からは愛液が糸を引きながら滴り落ちていた。


セリア「びっ… 貧乏で身分の違う私にいつも… 優しくしてくれて… はぁはぁ… いっ、いつだって私の味方になってくれて…… うぅ……」

リナ「へぇぇ、つまり貴族の娘ってとこか。んで、何が切っ掛けで好きになったのかなぁ?」

セリア「ふっ、二人で居るところを領主様に見つかって… リナがすげぇ叱られたんだけど… リナは私を強く抱きしめてくれて… セリアは大切なお友達だって言って反抗してくれたんだ……」

リナ「ほうほう、なかなかよくできた娘だなぁ。」

セリア「そのときに… 必死で私のことを庇うリナの横顔を間近で見て… 髪のいい匂いがして… 気が付いたら私もリナにしがみついて大泣きしてたの……」


リナ「なるほどねぇ。それはちょっとシスコンも入ってそうだよなぁ。」

セリア「リナ……」

リナ「ん? まだ何か言いたいことがあるの?」

140421_06.jpg
セリア「手が… 止まってる……」

リナ「ありゃ… こりゃ失敬。」

リナ「よぉし、面白い話も聞けたし、サービスしちゃうわよぉ。」

リナはセリアの両足を持ち上げ、あらわになった股間に顔を密着させた。



自分でやっといてアレですが、リナのキャラがどんどん壊れていく……。(´A`;)ヤダー ずっとメソメソしているセリアも逆の意味でキャラ崩壊な気がしますけど、二人とも普段はまずこんなことにはなりません。たぶん。(゚∀゚;A)

ちょっと百合っぽくイチャイチャさせたいな~と思って作り始めた筈なのに、気が付いたらこの茶番です。しかも正確にはリナ=インクなので百合ではないわけで。ここから見た人はリナがただの変態女に見えそうですね。あくまでこのリナはインクによる幻影で、中身はインクなのでございます。念のため。(・∀・)

それにしても添い寝って難しいですね。リナが場違いな鎧を着ているせいもあるのでしょうけど、抱きつかせたりする方がいくらか簡単な気がしました。次回は武装解錠してもらおう。(・∀・)

あと、今回も見事に会話ばかりですね。ちゃんと英訳できてるのかしらん。(・_・;)



This is simple translation in simple Japanese. (゚A゚;)
I am not confident of this translation. (^^;)

- Story-
Rina is an illusion. Ink looks like Rina. It is a specific ability of Ink. Cellia is a hypnotic state. Cellia believes Rina of the illusion.

It thought about Cellia. "I cannot meet Rina until murderer's false charge is dispelled." However, Cellia was able to meet Rina unexpectedly. Cellia was glad and cried.

Cellia says: Why... Why did Rina come here?
Rina says: I came here wanting to meet you.
Cellia says: I wanted also... to meet you very much.

[Image:1]
Rina says: It was good! Then, let's start!
Cellia says: Rina...
Rina says: What is it? Do it want me what to be done?
Cellia says: Rina... I'm sorry. I wanted to apologize to you... since before.
Rina says: What is it?
Cellia says: I betrayed you several years ago...
Cellia cries sadly.

Cellia says: When you suffered the difficulty, I was playing the rogue foolishly in the band of thieves.
Cellia says: I regret very much.
Cellia says: I still have what wants to apologize to you. It is...
Cellia conveyed feelings of the regret of Cellia to Rina while crying.

[Image:2]
Rina think: Why will I hear confession? I want you to end early. I do not want to do these kind of things...

But the confession of Cellia does not seem to end.

Rina says: Cellia!!

Cellia says : What...?
her sobbing.

Rina says: I permit you. It is all. Everything is permitted!
Rina says: The problem was solved by this. You must be relieved!
Cellia says: Is it true?
Rina says: Of course! It is true. Congratulations.
Rina says: Let's enjoy it more than such a thing. I came here for that.
Rina says: You love me. Me too.
Rina picked the nipple of Cellia. It gently massaged it.

[Image:3]
Cellia says: I am shameful...
Rina says: Is this pleasant?
Cellia says: It has become strange feelings...
Rina says: Good. I also must let Ink do this. He is kind in reality.
Cellia says: I... I'm sorry... I did not want to show you that filthy monster. I was going to throw away Ink before it met you.

[Image:4]
Rina says: I won't let you do thaaaaaaat!
Rina strongly pulls and has raised the nipple of Cellia.

Cellia says: It is painful... It is a little painful...
Rina says: Please do happily as Ink. It is my asking.
Cellia says: I see... It makes an effort though it is very difficult.
Rina says: OK,Good! Then, pleasure is given to you.

Rina patted the breast of Cellia by one hand. The other hand gently patted genitals of Cellia.

Cellia says: Oh... Rina...

[Image:5]
Rina says: Hehehe... It is so. You are me loved. With pleasure.

Rina says: Here is already wet... It is a very good reaction... Please get wet more...
Rina says: I want occasionally to ask you. Why am I loved as for you?

Cellia says: Ah... It... It is memories in childhood. You are an aristocrat. I have low status and am poor. However..., you were kind to me. I adored you like the elder sister....
Cellia was spoken while panting.

Rina says: After that, how did you do?
Cellia says: You were scolded very much by father one day. Do not approach me. However, you rebelled against father. It said to father embracing me closely.

Cellia says: "She is my bosom friend!!"

Rina says: Oh, Rina seems to be an aristocrat. After that, how did you do?
Cellia says: I was feelings to see the dream. I think that I came to love you in those days.

Cellia says: You were always kind to me. And, it was always a friend equal with me. I was very happy.

Rina says: Rina seems to be a good daughter.
Rina says: It is an interesting story. You might be a sister complex a little.

Cellia says: Rina...
Rina says: what...?

Cellia says: Please move your hand.

[Image:6]
Rina says: Oops! sorry!

Rina lifted both feet of Cellia, and brought the face close to genitals.
スポンサーサイト
[PR]

 
コメント
この記事へのコメント
4枚目のリナ・・・、乳首引っ張りすぎでしょう(ちぎれちゃうよ)。(>_<)
ヤル事しか考えてなく、セリアの懺悔にも「めんどくせ~」と言っている偽リナの姿が笑えました。
でも何だか「乙女のセリア」「男っぽいリナ」と今までと逆パターンで、続きがとっても気になります。
2014/04/21(月) | URL | なかカジ [ 編集] #-


Re:なかカジ様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
あはは、ちょっと引っ張りすぎましたが、お仕置きだから良いのです。(゚∀゚;A)
リナの描写は本物っぽくすると逆に嘘くさいかなと思ってこんな感じになりました。途中から演技すらしてません。(笑) リナに変顔させるのって抵抗があるのですが……何か楽しい。(゚∀゚;A)
2014/04/21(月) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


(。>ω<)ノ Update!
Hello マキシモ! Excellent update!

You are saying that you are not confident in the translation, but it was a great help. Thank you. ( ´ ▽ ` )

There is a lot to read, but the dialogue is very informative! This is good (・ω・ )

I enjoyed the extra background story of Rina and Cellia. It was also funny to know about Cellia's intentions with Ink (^∇^)

(。・ω・)ノ゙ Thanks for the translation! Good luck on your future updates!
2014/04/22(火) | URL | Akira錐生 [ 編集] #FF3H9HIM


Re:Akira錐生様へ
Always thank you for writing the message.
I am very glad.\(*^^*)/

My translation was useful and it was relieved.
Cellia and Rina's story is not a complex story.
It is an immature, vulgar story. (゚∀゚;A)
However, if the speaker person of you and English can enjoy the background story, I am very glad! (≧∇≦)
2014/04/22(火) | URL | マキシモ [ 編集] #SFo5/nok


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/04/22(火) | | [ 編集] #


Re:コメント非公開様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
確かにまったく演技力皆無ですよね。でも大丈夫。ただの幻術ではなく、使役に近い催眠状態なので、インクを疑ったりする思考能力が奪われております。ほっぺをつねられてもオッパイを引っ張られても起きないのもそのせいです。その気になれば夢遊病っぽくモッサリと操ることが出来るのかもしれませんね。後付け説明みたいになってしまってすいません。(゚∀゚;A)
2014/04/22(火) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


インク、ばれたら絶対に無事じゃ済まないなあ。

2014/04/23(水) | URL | CANDY [ 編集] #-


Re:CANDY様へ
コメントありがとうございます!(´ー`* )
もしもバレたら……そうか、バレたときの展開も考えておかないといけませんねぇ。一体どんな壮絶なお仕置きをされてしまうのだろうか。(゚A゚;)
2014/04/23(水) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


ホントなら
我々観客にはびょーんとセリりんの乳首引っ張るインクの姿が見えてるはずなんすよね〜 第三者視点にも効く催眠で良かったw まあインクにしては演技した方なんじゃないでしょか☆
2014/04/24(木) | URL | kuro [ 編集] #-


Re:kuro様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
そうなんですよ。これは作者の私にも催眠効果が及んでおりますので、実際インクがどうやって悪戯しているのかは謎です。そもそも文末のポーズなんてどうするんだろう?(´ε`;)
2014/04/24(木) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomadan.blog.fc2.com/tb.php/79-4f74abbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック