- Story -
長い夜がようやく終わり、空がうっすらと白み始めた。
穀物倉庫の周囲は朝靄に包まれ、ひんやりとした空気がセリアの頬を撫でる。
セリアはいつものように夜明けと共に目を開いたが、朝に弱い体質から頭がボンヤリして胸の上のインクにも気が付かないほど寝ぼけていた。

140609_01.jpg
セリア「……」

セリア「…………」

セリア「重い……」
セリアは胸の上で気絶しているインクを夢うつつに払いのけてゆっくりと起き上がった。
インクはセリアの胸元から人形のように転げ落ち、そのまま床に突っ伏したまま動かない。

セリア「パンツ… 履かなきゃ……」

寝ぼけたセリアはそんなインクに気付く様子もなく、側に落ちていた戦闘パンツにノロノロと足を通す。

140609_02.jpg
セリア「……」

セリア「えっと……」

セリア「なんだコレ……」

床に転がったインクに気付いたセリアは、ぼんやり見つめながら昨夜のことを思い出した。

セリア「あぁ… インプ… インキュ… んん… あ、インクだっけ……」

セリア「ったく… 酷い寝相だな……」

ようやくセリアの頭がハッキリしてきた。思い切り背伸びをして目を醒まさせる。

140609_03.jpg
セリア「んんっ…… うっ、うぅぅぅぅんっ!」

セリア「はぁ… なんだろ… すげぇスッキリしたなぁ。久しぶりによく眠れたわ。やっぱり寝酒は最高ね。」

セリア「でも、ちょっと飲み過ぎたかな。何だか身体がベタベタする…… よし、ササッと水浴びしてから出発すっかっ!」

朝靄で真っ白な中を川へ向かって走り出すセリア。そして数分後には戻ってきて出発の身支度を始めた。たが、そんな最中でもインクは先ほどと同じ姿勢のまま眠っている。

セリア「おい、インク、行くぞ。いつまで寝てんのよ。出かけるわよ。」

セリア「ほら、起きろっ! 起きろってっ!」

インクの尻をつま先で小突くセリア。

140609_04.jpg
インク「い… いだい… やめて… 痛いから……」

セリア「魔物の癖にいつまでもグウタラ寝てんじゃないわよ。昨夜の元気はどうしたのさ。また私に襲いかかるぐらいの気合いを見せなっ! ほらほらっ!」

身も心もリフレッシュできたセリアとは対照的に、インクはヨロヨロと起き上がったかと思うと尻餅をついて再び突っ伏した。明らかに様子がおかしい。

セリア「え… な、なに? どっか具合悪いのか……?」

インク「ん… 大丈夫……」

140609_05.jpg
セリア「ほ… ほんとに大丈夫か? …抱っこするか?」

インク「ヒィッ! もっ、もう平気だぜっ! 魔物の回復力をナメんなよっ!」

セリアの一言で飛び起きるインク。

セリア「そう… ならいいけど……」

インク「へへっ、今朝は優しいんだな。」

セリア「!!」

セリア「ほんとだ… どうしてだかアンタに優しくしなきゃって……」

セリア「なんで私がアンタを抱っこしなきゃなんないのよっ。バカじゃないのっ!」

インク「ひでぇっ!」
インク(うむむ… もしかして催眠中の暗示が残ってるのかな……)

セリア「よし、じゃぁ行くわよ。」

インク「だな。例の村娘の件で自警団が来るかもしれないしな。」

セリア「うん、いや… それがさ……」


セリア「やっぱり… さらわれた娘を助けに行くわ。こんな田舎の事件に当局や自警団がすぐに動くわけないし、あんな話聞いちまったからには放っておけないじゃない。」

セリア「それに……」

セリアは小さく呟いた。

140609_06.jpg
セリア「リナならきっと助けに行くはず……」

インク「ふーん… でももし追っ手が来たらどうすんの。」

セリア「だからさっさと助けて逃げるんだよ。ほらっ、行くよっ!」

インク「え~、マジで~」

インク「!」

インク「ちょっと待ったっ! 誰か来るぞっ!」

インクは魔族特有の察知能力でこちらへ向かってくる人の気配に気付いた。

セリア「えっ! 村人かっ?」

インク「いや… 違う… これは… 金属… 鎧の音だ…」

セリア「チッ… マズいわね……」

インク「まだ距離が少しあるからオレが空から見てやるよ。」

セリア「え… アンタ飛べたのかっ!」

インク「フフン」

140609_07.jpg
インクの背に小さな翼が現れた。そして得意げにパタパタと羽ばたきながらゆっくりと穀物倉庫の屋根へ飛んで行く。

インク(ま、浮かぶのが精一杯なんだけどな。)

セリア「ここは逃げ場がないな… 今の内に森へ逃げ込むか……」

一番安全な逃走プランを考えるセリアの前にインクが慌てた様子で降りてきた。

インク「おいっ、ヤバイぞっ! 凄腕の剣士だっ! アイツ只者じゃねぇよっ! ありゃぁきっと追っ手だっ!」

セリア「クソッ! さっさと逃げ… ちょっと、何でそんなことまで分かるのよ。いや、そいつは1人なの?」

140609_08.jpg
インク「そうだよっ、1人だよっ! でも… オ、オレはアイツを知ってんだっ! アイツにとっ捕まって自警団へブチ込まれたんだからなっ! オレの催眠もアイツには効かなかったんだ。ヤベェよっ!」

セリア「……催眠?」

インク「アワワワ、そんなことはいいから逃げようぜっ! すぐここを通るぞっ! オ、オレは逃げるぞっ!」

セリア「ん… 待てよ… こんな夜明けに剣士が1人で移動ってことは… 追っ手じゃないわね。きっと村娘を助けに来た賞金稼ぎよ。上手くギルドに手空きの賞金稼ぎがいたんだわ… よかった……」

インク「は~や~くぅ~!」

セリア「そうだな。もうここに留まる理由はないわね。よしっ、村娘はそいつに任せて私らは逃げるわよっ!」

インク「だからさっきからそう言ってんでしょ~っ!」

140609_09.jpg

セリアたちは静かに穀物倉庫から出ると、壁伝いに身を隠しながら倉庫裏に茂った森の奥へと消えて行った。


その直後、倉庫前で立ち止まる女剣士がいた。女剣士は辺りを見回して地図を確認している。

女剣士「これは… 穀物倉庫か… そろそろ村は近いわね。もう少し分かりやすい地図なら良かったのに……」

140609_10.jpg
リナ「それにしても身分証と手引き書をくれただけで私みたいな素人に村人を救出させようだなんて… 賞金稼ぎギルドって人手不足なのかしら。」

リナ「でも、私の助けを待ってる人たちに不安な顔は見せられないわ。手引き書に書いてあった様に威厳を持って振る舞わなきゃ……」

リナ「よし… 気を引き締めて行くわよ……」

140609_11.jpg

リナは地図を折り畳んで鞄へしまい込むと、鋭い眼差しで村の方へ駆け出した。

= END =



ということで「生け贄のセリア」最終回でした。
皆様長い間ありがとうございました。m(_ _)m

今回は画像多めです。ノーパンでインクを抱いたまま目覚めたというのに、特にエロも無く見せ場のない地味な展開になりましたので、分割せずに一気に更新しました。たまにはこういうドラマっぽいことをやってみたかったのです。(*゚ー゚*) そして、ひとつわかったことは、私は屋外の明るいシーンが苦手です……(゚A゚;)

さて、今回のエピソードはインクの能力、セリアの秘密調教、セリアの恋愛とレズ気質発覚、がテーマでした。結果的に結構色々詰め込んでしまい、徐々にストーリーとキャラ設定が膨らんできております。どうしよう。(゚A゚;)

終盤はご覧の通り今後のストーリーへの繋ぎになっています。
ひとつはインクがリナに捕まる短編ストーリーです。今のところ次回エピソードはこれにしようと思ってます。時系列としてはリナとセリアが再会する少し前になります。ちなみにインクはリナと女剣士が同一人物だとは気が付いておりません。

もうひとつはリナの村娘救出の短編ストーリーです。これはリナの勇姿を描きたいだけの自己満足用のエピソードですので、もう少し勉強してからになると思います。エロはほぼないです。ほんまかいな。(゚ω゚;A)

ただ、当分はセリアCG集に注力しますので、新エピソードはしばらくお預けです。その代わり、新キャラをのんびり作りつつ、ストーリーから離れてエロいシチュ短編でもできたらいいなと思ってます。閲覧者様には、そっちの方が盛り上がりそうな気もしますしねー。(*´▽`*)

では、ありがとうございました!(≧∇≦)



This is simple translation in simple Japanese. (゚A゚;)

- The Last Story -

At last, a long morning dawned. Surroundings are morning hazes. The cool breeze patted the cheek of Cellia.
Cellia opened eyes. However, consideration is not clear. Even Ink that sleeps on the chest is not noticed either.

[Image 1]
Cellia says : ....
Cellia says : ........
Cellia says : ... Heavy...

[Image 2]
Cellia says : Wear... undergarment...

Cellia brushed off Ink to be asleep on the chest by the hand. And, it got up slowly.
Ink tumbled down from the chest of Cellia. However, it is asleep as it is.
Cellia slowly acquires the undergarment.

Cellia says : ....
Cellia says : What on earth is this?

Cellia watches Ink that falls on the floor.
Cellia reconsidered last night's event.
However, it is not possible to think well.

Cellia says : Monster... Incub... Ink... This is Ink...
Cellia says : It is untidy in sleeping posture...

At last, the consideration of Cellia has become plain.
Cellia stretched oneself.

[Image 3]
Cellia says : nmmm... pheeeeew...
Cellia says : It was possible to sleep very a lot. It is fresh feelings.
Cellia says : The skin sweats why. Wines might have been drunk too much last night.
Cellia says : Okey,After it bathes quick, let's leave!

Cellia ran toward the river in morning haze.

Cellia returned after a while. Ink seems still to be asleep.
It is the same posture a little while ago.

[Image 4]
Cellia says : Hey,Ink! Wake up! It goes out! Hey! Get up!!

Cellia lightly kicked hips of Ink by the foot.

Ink says : ouch... no... painful... stoped...

Cellia says : Hey,Will you be a monster? Become energetic to get up early and to attack me. Come on come on!

Ink got up slowly. However, it sat down in the place. It seems to be unwell.

Cellia says : Hey... How are you? Is the condition somewhere bad?

[Image 5]
Cellia says : ...Shall I embrace closely?

Ink says : NOOOO!! I am fine! Monster's recuperative power is excellent!!

Ink jumped out of floor.

Cellia says : OK... it does not care.

Ink says : Hehehe... You of today are gentle.

Cellia says : What!?

Cellia says : It is so if said so... I thought it had to be nice to you why...

Cellia says : Why should I embrace you closely? It is a very bad joke. Do not feel after me! Fuck you!!
Ink says : Wao! Your word is dirty! Hehehehe.
Ink think : (nmm... Hypnotism might still be effective.)

Cellia says : Then, let's leave.
Ink says : Okey,Let's run away before the chaser comes.
Cellia says : I... I have not run away yet. It goes to rescue the daughter kidnapped from the village.
Cellia says : Here is very a remote place. The vigilance committee does not work at once. The vigilance committee is not surely in time.

Cellia was muttered small.

[Image 6]
Cellia says : If it is Rina, the effort to help the daughter without fail will be made.

Ink says : Wow... How do you do if the chaser comes?
Cellia says : Therefore, let's run away after the daughter is rescued in a hurry.
Ink says : What? Do you say seriously?
Cellia says : Of course,It is...

Ink says : Stop! Someone heads for here!
Cellia says : Is it a villager?
Ink says : Sound of metal... This is a sound of the armor. I think... It is chaser!
Cellia says : tut... Fuck...
Ink says : It is still a little away. I watch the chaser from the roof.

Cellia says : What? Can you fly over the sky?
Ink says : Oh yeah, Respect the Monster. hehehe.


[Image 7]
Ink unfurled one's wings. It slowly flew to the roof and it left.
It is possible to fly only a little in reality.

Ink returned after a while. He panics.

Ink says : It is a fencer! It is a dangerous fencer! It is surely a chaser. Let's run away right now! It is dangerous!

It thought about Cellia a little.
Cellia says : Is the fencer an independent course of action? Why can you judge fencer's capability?


[Image 8]
Ink says : The fencer is single. And, I know that fencer!
Ink says : I was caught by that fencer and imprisoned by the vigilance committee. My hypnotism was also ineffectual than that fencer. It is an expert.

Cellia says : Hypnotism? What??

Ink says : Wow wow wow... Let's run away earlier than such a thing!
Cellia says : Please wait a little. The chaser does not act alone in the middle of the night.
Having come here at this time is a bounty hunter who came surely to rescue the daughter in the village.

Cellia says : There might have been a bounty hunter who was taking a rest in the guild. I am relieved. The daughter in the village is rescued.

Cellia says : I am very glad...

Ink says : Hurrrryyyy uuuuuuppppp!!

Cellia says : Okey,I do not have the reason to stay here. The village daughter's rescue is left to the fencer.

Cellia says : It runs away now!!

Ink says : I say a little while ago soooooo!!!

[Image 9]
Cellia and Ink disappeared in the thick forest on the back side of the grain warehouse.



The fencer halted in front of the grain warehouse immediately after that.

Fencer says : This is a grain warehouse. The village seems to be near. If this map was an easy-to-read map a little more, it was good.

[Image 10]
Rina says : I obtained the warrant card and the guidance book in the guild. Even training is not taken.

Rina says : Am I who is the beginner extricable of the village daughter? Is the guild a manpower shortage?

Rina says : However, I learnt from the guidance book. There are people who are waiting for my help. Do not allow them to hold uneasiness. I should act with dignity.

Rina says : I work seriously. The village daughter is rescued without fail.

[Image 11]
Rina returned the bag the map.
And, it ran away to the village in a sharp look.

= END =
スポンサーサイト
[PR]

 
コメント
この記事へのコメント
(。>ω<)ノ Update!
Hello マキシモ! Excellent update.

I think this one is the longest update (・ω・)

I feel sorry that Cellia did not see who the fencer really was (T.T; )

But, I think it is a good event to happen, because it leaves more room for plot and Ink's sexual pleasure with Cellia (^▽^)

( ´ ▽ ` )ノ Thank you for the translation! Good luck on your future updates!
2014/06/10(火) | URL | Akira錐生 [ 編集] #FF3H9HIM


Re:Akira錐生様へ
Always thank you for your comment.
I am very glad.\(*^^*)/

Cellia meets Rina again some time.
However, Rina is a very unhappy circumstances at that time.
Cellia might be astonished at the appearance of Rina. (゚A゚;)

I of the author worry about whether become a good story. (゚ω゚;A)
2014/06/10(火) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


ほほお☆
新キャラ登場かと思ったら~w 
インクはホントに天然ですねぇ☆ 寝起きに酷い目に合わなくて良かった…今回の一押しは、マンガみたいなポーズで床に転がるインクですな。以前仕事でかかわった芝居の中で、こてんぱんにされた奴というリクエストにこのポーズ取った人が複数いたの思いだしましたw
2014/06/10(火) | URL | kuro [ 編集] #-


Re:kuro様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
私もコテンパンにされたポーズはこの「orz」が真っ先に思い付きます。定番すぎですねw
新キャラヒロインは作成労力がハンパ無いのでなかなか取り組めておりません。(><;)
一応作り始めてはいますが、衣装デザインが苦手なんですよねぇ。ちょっと凝ったデザインにすると動かせなくなるので困ったもんです。ゲームのキャラとか複雑な衣装でもガシガシ動いてスゴイなーと思います。(゚ω゚;A)
2014/06/11(水) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


リナの勇姿がおがめるとは楽しみですね。

2014/06/17(火) | URL | CANDY [ 編集] #-


Re:CANDY様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
嬉しいお言葉ありがとうございます。あまり自分しか喜べない自己満足なネタに走るのもどうかと思うので、適当にエロ要素を盛り込みつつ、少しでも楽んでもらえるような内容にしていこうと思います。\(*^^*)/
2014/06/17(火) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomadan.blog.fc2.com/tb.php/84-00144b32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック