- Story -
ドスッ!
「ふぐっ!」

ガスッ!
「うぐっ!」

洞窟内に鈍い打撃音と呻き声が響き渡った。

ズドッ!
140701_01.jpg
「ぐあっ!」



洞窟で休息中のセリアたちは3匹のオークから奇襲を受けてしまった。

突然の出来事に槍をはじき飛ばされ、防戦一方の最中、顔面を殴られてバランスを崩したところを押さえ付けられるセリア。

次兄オーク「ブヒヒィーッ!」
140701_02.jpg
セリア「くっ、クソッ!」

セリアを気絶させようと頭部に殴りかかる次兄オーク。しかし、セリアは巧みに頭部をガードしてまともに殴らせない。業を煮やした次兄オークはセリアの腹部を殴って体力を削ぎ落としにかかった。

ズドンッ! ズバンッ!
140701_03.jpg
セリア「ぐはっ! ゲフッ!」

オークの拳が何度も脇腹にめり込む。まるでハンマーで打たれるかのような重く激しい衝撃にセリアの抵抗が次第に弱まってきた。

セリア(やべぇ、意識が… このままじゃ……)

やがてセリアは半ば気絶したかのようにグッタリとうな垂れてしまった。次兄オークはセリアにのし掛かったまま、本当にセリアが戦意を喪失したかどうか、押さえ付けていた手をそっと離して様子を伺う。

セリア「うっ… うぅぅぅ……」
140701_04.jpg
次兄オーク「ブヒヒヒ、やっと観念したみたいブヒ!」

次兄オークは背後の長兄オークに報告した。

次兄オーク「長兄よぉ、この人間どうするブヒィ?」
長兄オーク「なかなか丈夫そうな雌だな。よぉし、今すぐ住処へ連れ帰って子作りブヒーッ!」

次兄オーク「ブーヒヒヒ、さすが長兄は話がわかるブヒィー!」

長兄オークから住処へ運ぶように指示された次兄オークは喜々としてセリアを抱きかかえようと中腰になった。

その瞬間、油断しきった次兄オークの両目にセリアの指が深々と突き刺さった。

ドシュッ!
140701_05.jpg
次兄オーク「ブギャァァァァァァッ!!」

絶叫しながらもんどり打って倒れる次兄オーク。セリアは即座に立ち上がると仰向けで悶絶している次兄オークの股間を力一杯踏み潰してトドメを刺し、突然の出来事に動きの止まった長兄オークに素早く駆け寄ってテンプルを右ストレートで打ち抜いた。

さらに、パンチでふらつく長兄オークを尻目に足元の槍を拾うと背後の末弟オークに投げつけ、瞬時に長兄オークに向き直る。セリアの後方で分厚い胸板を貫ぬかれた末弟オークが断末魔の叫びと共にズシリと倒れ込んだ。

セリア「ハァハァ… ハァ… 何すんのよっ!!」

長兄オーク「ブヒヒーッ! それはこっちのセリフブヒーッ!」


ダメージを負っているとは言え、オーク2匹を瞬殺したセリアに圧倒される長兄オーク。

140701_06.jpg
セリア「こぉの豚ヤロォ… 丸焼きにして食ってやるっ!」

長兄オーク「ブヒヒィッ! ブ、ブヒ……」

鋭い眼光でじりじりと詰め寄ってくるセリア。長兄オークは人間の、それも素手の女に恐怖することになるとは想像もしていなかった。力では自分の方が圧倒的に有利であるにも関わらず、長兄オークは完全に気迫負けしていた。

セリア「へへっ… どうした… かかってこいよ…」

長兄オーク「ブ… ブヒ… ブ… ブヒヒヒィィィィィィッ!」

長兄オークは大きくいなないたかと思うとセリアに背を向け、一目散に洞窟の奥へと逃げ去ってしまった。



セリア「ハァ、ハァ… 今のはオーク… あれがオークか……」

セリア「は、はじめて本物を見たわ… 何だあれ… 怖すぎだろ……」

緊張の糸が切れてヘナヘナと膝を着くセリア。

セリア「ハァ、ハァ… こ、子作りとか言ってたな… マジかよ… こんなやべぇ所さっさと離れなきゃ……」

その時、岩陰からインクがひょっこり現れた。

140701_07.jpg
インク「もう終わった?」

インクはオークを見るや否やセリアを見捨てて逃げ出していたのだ。

セリア「お、オマエ… どの面下げて……」

インク「ほら見ろっ! 荷物はオレがしっかり守ったからなっ!」

セリア「はぁ? まぁ… もういいわ……」

インク「それにしても、あんなに殴られてもやっつけちゃうなんて、オマエって強いんだな~。ヤツラ3匹もいたんだぜぇ?」

悪びれずに話しかけるインクを無視して荷物を確認するセリア。

140701_08.jpg
インク「お腹真っ赤っかだな。痛くないの?」

セリア「あぁもう、くっつくなよ鬱陶しい。こんなのどうってことないわよ。」

インク「ヒョ~ カッコイイ~ さすが腹筋を鍛えてる人は言うことが違うね~ シュッシュッ!」

インクはセリアの腹に触れるような軽いパンチをペチッと入れた。

ペチッ
140701_09.jpg
セリア「いぃっでぇぇぇぇぇっっ!!」



まずはお約束。皆さんの気持ちを代弁しておきましょう。

『オークもっと頑張れよっっ!ヽ(`Д´)ノ』

今回はマウントポジションぽい腹パンチに挑戦してみました。でもこれって背後からのアングルが使えないのですね。でも、出血させるとリョナっぽい絵になりますねー。これはこれで満足しております。(*゚ー゚*)

ヒロピン的には4枚目で終わっておくのがベターなのかな?とも思いましたが、ちょっと我慢出来ずに反撃させちゃいました。その割りに時間の掛かるアクションシーンはすべてカットだったり。(><;) それにしてもだまし討ちに目潰しに金的って……無慈悲な攻撃ばかりですね。躊躇無くダーティな攻撃をするのがセリアスタイルということで。実際女一人ではこれぐらいのことをやらないとオークには勝てないと思うのです。(゚ω゚;A)

後半はちょっと蛇足気味でしたが、緊張感が解けた戦闘後を描いてみたくなったのです。そしてインクを出してみたらこの有様ですよ。ヽ(´ー`)丿ハハハハハ



This is simple translation in simple Japanese. (゚A゚;)

- The Story of Cellia versus Three orcs -

Biff! Bam!

[Image 1]

The groan voice of Cellia reechoes to the cave.


Cellia took a rest in the cave.
Suddenly, it made a surprise attack to three orcs.

The spear of Cellia was deprived.
The face of Cellia was hit.
Cellia tipped the balance.
Orc(B) got on on the body of Cellia.

[Image 2]

Orc(B) starts hitting the head of Cellia.
However, Cellia guards the head well.
Embarrassed Orc(B) hits the abdomen of Cellia.
Orc(B) wants to lose Cellia in the fighting spirit.

Biff! Bam!
[Image 3]

Cellia has been fainting gradually.

Cellia think : It is not good. The way things are going, I will be defeated.

Cellia devises the method for the escape from this crisis.

Orc(B) loosened the power of the hand. Whether Cellia really lost the fighting spirit is confirmed.

[Image 4]
Orc(B) says : Grrrr... The woman gave it up. It is our victory!!

Orc(B) is reported to leader's Orc(A).

Orc(A) says : This woman's body seems to be strong. She is taken to our roof over one's head. She is made to give birth to our child!!

Orcs shouted with pleasure.

Orc(B) started lifting Cellia in one's arms.

Suddenly, Cellia began to move.

[Image 5]
Cellia thrust the finger into eyes of Orc(B).

Orc(B) screamed and fell.
In addition, Cellia stepped and crushed genitals of Orc(B).
Orc(B) died.

Orc(A) stops in surprise.
Cellia quickly picked up the spear. And, it threw a spear out to Orc(C) that stood at some distance and it thrust it. The spear stuck in the chest of Orc(C).
Orc(C) died.

Cellia killed two Orcs in a few seconds.

[Image 6]

Cellia Shout : Hey you! Pigman! I barbecue and eat you!!

Orc(A) is more powerful than Cellia.
However, the companion was instantaneously killed. Orc(A) is scared.

Cellia says : Hehehe... Let's fight! Come oooon!!

Orc(A) says : Grrrr... oink oink!!

It escaped Orc(A). It ran away to recesses of a cave.

Cellia survived.

Cellia says : I saw Orc for the first time... It was very scary... Let's go outside in a hurry.

[Image 7]

Cellia that was able to solve the tension sat down without power.
Ink appeared from the lee of a rock.

Ink says : Did the fight end?

Ink was running away momentarily at the time of having been attacked Cellia.

Cellia says : Huh? Fuck you!

Ink says : Wow! Hehehe. I was defending luggage.

Cellia says : ...... OK,It was good...

Ink says : You worked hard very much. You repulsed three Orcs. You are strong. It is wonderful. However, it seems to have a pain in your abdomen. Are you okay?

[image 8]

Cellia says : I am okay. The problem is not in such an injury. It is not painful at all.

Ink says : Oh! It is cool!! The person who is strengthening his body is wonderful! Yaaa!

Ink lightly touched the abdomen of Cellia.

[image 9]

Cellia shout : Oooouch!!

= END =
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
 
コメント
この記事へのコメント
オークもオークだが
インクもインクだ! ギャグのつもりかわからんが殺されるぞ! 
…と、何故かインクの心配ばかりするおいらでした☆ 困ったやつだな~
2014/07/01(火) | URL | kuro [ 編集] #-


オーク Slaughter ( ̄▽ ̄)ノ
The average life span of an オーク vs. Cellia: 3 seconds (・∀・。)(-∀-。)ウン♪
2014/07/01(火) | URL | AkiraKiryu [ 編集] #FF3H9HIM


Re:kuro様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
インクはこう見えてオーク戦で動揺するセリアの気持ちを少しでも和らげようと敢えてこういう振る舞いをしているというわけではなく本当に何も考えていないのでしょうなぁ。(・∀・)
2014/07/01(火) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


Re:AkiraKiryu様へ
Always thank you for your comment.
I am very glad.\(*^^*)/

3 sec! lol

And, The eventual victor might be Ink. (゚∀゚)
2014/07/01(火) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


笑わせていただきました。
セリア「こぉの豚ヤロォ… 丸焼きにして食ってやるっ!」

セリア「へへっ… どうした… かかってこいよ…」

長兄オーク「ブ… ブヒ… ブ… ブヒヒヒィィィィィィッ!」

やっぱり豚野郎だったのですね。と言うかこのセリアの下町っぽいセリフがゾクゾクさせられます。(>_<)
個人的には4枚目の鼻血、口から出血、涙が少し・・・のセリアもいいですね。
絶対絶命の状況なのにカラ元気で虚勢を張る女性って好きだなぁ・・・。何か守ってあげたくなっちゃいますね。
2014/07/02(水) | URL | なかカジ [ 編集] #-


Re:なかカジ様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
ここ最近セリアが女盗賊だということを忘れそうになっていたので、ちょっと荒くれてみました。戦わせてみて気が付きましたが、セリアって腕っ節は強いけど、防御面は弱く、ボロボロになりながら戦うスタイルって気がします。たぶん、その方が面白い絵になりそう。(゚∀゚)
2014/07/02(水) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


インクくん、お茶目。
地雷踏むのが好きなのかな。

2014/07/05(土) | URL | CANDY [ 編集] #-


Re:CANDY様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
地雷w
きっと本人はただのスキンシップだとでも思っているのでしょう。
セクハラオヤジの常套句ですね。ヽ(´ー`)丿
2014/07/05(土) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


いよいよピンチというときに、セリアがインクに「魔法で何とかしなさいよ」と言われ「しょうがねえ、あれを使うか」となぜかインクの手元には鉄人28号のリモコンが・・・・
インク「いけ!鉄人」
セリア「まっ、って体が勝手に動く~」
とか
2014/07/08(火) | URL | CANDY [ 編集] #-


Re:CANDY様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
ええええええっ!(゚◇゚;)
ちょっとあの、そのネタ本気でやろうと以前から計画しておりました。
しかも鉄人28号のリモコンを使うという部分まで……(゚A゚;)
コメントを読んで本当にビックリしましたよぉ。
発想の方向性って世代的に似通ってくるものなのでしょうかねぇ。(・_・;)
危うくドヤ顔でやってしまうところでした……(゚ω゚;A)
2014/07/08(火) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


黄色い文字が見づらいです
2014/07/11(金) | URL | 匿名希望 [ 編集] #-


Re:匿名希望様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
申し訳ございません。ブログのスタイルシートを色々調べてみたところ、スマホ及びケータイ版の表示で背景が未設定(白)になっておりました。

一応、スマホ及びケータイ版のテンプレートを暗いタイプに変更しました。もしスマホで閲覧されておられるのなら、これで改善されたと思いますがいかがでしょうか?もし、PC版で黄色い文字が見えづらいようならまた仰って下さい。対策を考えたいと思います。m(_ _)m
2014/07/11(金) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


ついに念願の腹パンチが(^^)
セリアの腹筋に!
ありがとうございます。(^^)
2014/07/12(土) | URL | セリア大好き! [ 編集] #-


Re:セリア大好き!様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
リクエストして頂いた方に喜んでもらえると私も嬉しいです。(*´д`*)
腹パンネタは今後も見せ方を研究しようと思ってます。これぐらいの過激すぎないリョナが私は好きなんです。(*゚ー゚*)。
2014/07/12(土) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


ピクシブから来ました。
腹筋割れてる女性が腹責めされるのはたまりません!
素晴らしい絵で腹筋が最高に良いですね(。-_-。)
私も極真空手をきっかけに腹筋責めに目覚めたのですが・・・(笑)
女子の腹筋の凸凹を味わいながら踏むのは最高の気分ですよ(。-_-。)
2014/12/30(火) | URL | 裏人 [ 編集] #-


Re:裏人様へ
おお、旧記事にわざわざコメントをありがとうございます!(・∀・)
いやぁ、私もすっかり腹筋に魅了されてしまいました。汗肌との相性も良いし、何と言っても上半身責めでも下半身責めでもカメラに収まりやすく、凄く映えるんですよね。近いうちに腹パン以外の腹筋責めも何か考えたいなと思ってます。腹筋責めっってバリエーションは少なそうですが、少ないからこそ何かネタが欲しい、みたいな。(*´▽`*)

リアル女子の割れ腹筋なんて触ったことはありませんけど、そこへ到達するには先ず自分の腹筋を割らないとダメそうですね。長らくお目に掛かってませんわぁ。(゚∀゚;A)
2014/12/31(水) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomadan.blog.fc2.com/tb.php/87-9439a5d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック