- Story -
ゴクッ… ゴクッ…
セリア「くぅ~、うめぇっ!」

インク「ケケケ、そうだろう、そうだろう。あの強欲商人の倉庫にあったヤツだからな。きっとお高いワインだぜ。」

逃亡資金が尽きたセリアは小さな村を支配する強欲な商人の屋敷に忍び込んだ。しかし、数日の絶食続きで注意力が落ちていたセリアは番犬たちに見つかり、何も盗らずに逃げ出す失態を演じてしまった。逆にインクはその騒ぎに乗じて見事に食料を持ち出し、セリアの元へ戻ってきたのだった。

140729_01.jpg
セリア「ラベル付きのワインなんて初めて飲んだわぁ。やっぱり高級ワインは香りと味わいのバランスが絶妙ね。この何とも言えない… ん~、香りと味わいのバランスが絶妙だわぁ。グビグビ……」

インク「今、同じこと2回言ったぞ。」
インク「それって有名なヤツなのかね。なんて書いてあんの?」

セリア「んん? えぇと… ぶぶ、ぶぉじょれ… い、いぬ… うぼぉ… かな。偉そうで高そうな名前ね。うぼぉ、だってさ。アハハハハ」

セリアは読み書きがあまり得意ではない。しかし、それは貧民層では珍しいことではなく、セリアも特に恥じてはいなかった。

インク「ケケケ、ご機嫌だな。(たぶんそれって安酒だと思うけど… ここは黙っておくか。)

セリア「ゴクゴク… あら、もうなくなっちゃった…」

セリア「よぉし、飯も食ったし酒も飲んだし… 寝るかっ!」

インク「ちょっと待てっ!」

セリア「もう、毎晩毎晩うっさいわねぇ。私を抱きたかったらそれ相応の働きをしろっつってんだろう?」

インク「フフフ……」

インク「キミがさっき食べたふんわりパン。アレは誰が取ってきたのかな?」

セリア「え……」

インク「キミがさっき食べた新鮮なお魚。アレは誰が取ってきたのかなぁ?」

セリア「う……」

インク「そしてキミが今飲み干した超高級ぬぼぉ! ソレは誰が取ってきたのかなぁっ?」

140729_02.jpg
セリア「そ、それは……」

インク「そう、それはオレ様です!」

セリア「くっ……」

インク「これは何か然るべきご褒美を頂けて当然の働きだと思うのですが、どうなんでしょうかねぇセリアさん。」

セリア「……」

インク「今夜こそは抱かせて頂けますよね?」

セリア「ふんっ、たかが晩飯1回ぐらいで調子に乗るんじゃねぇよ。私はそんな安っぽい女じゃないんだよ。」

インク「えぇ~、穀物倉庫でもそうやって誤魔化したよな。あれから2週間、オレはずっと我慢してるのに……」

それは嘘だった。インクは安全な屋内で過ごす夜はセリアに催眠術を掛け、夜な夜なセリアの精気を貪っていた。

インク「インキュバスは女を抱けないと死んじゃうんだぞぉ。ずっと絶食してるのと同じなんだぞぉ。なのにオレがどれほど誠実に接してるかオマエに分かるか? うっうっ……」

わざとらしい演技で情に訴えるインク。

セリア「うぅ、わ、分かったわよ。今夜は抱か… ん~、ちょっとぐらいなら触らせてやるってば。」

インク「ほっ、本当かっ! ヒャッハーッ!」

大喜びで小躍りするインクを目の前に、セリアは何とかうまく切り抜ける方法はないかと頭をフル回転させて考え込んだ。

インク「よしっ、えっと、じゃぁ何からしようかな。やっぱりオッパイから楽しんでみようかな。オーッパイッ! オーッパイッ!」

セリア「ばっ、バカッ! 何勘違いしてんのよっ。アンタに抱かれるだなんて言ってないわよっ!」

セリア「そうねぇ… 今、肌が見えてる部分は自由に触らせてあげるわ。それだけよ。あ、顔はダメだからね。もちろん服を脱がすのも触るのも絶対ダメよ。」

インク「ゲヘェッ! なんだよそれっ!」

140729_03.jpg
セリア「ほらっ、肩とか腰とか揉み放題よ。何時でもかかってらっしゃい。」

インク「ぐぬぬ… それはインキュバスに対しての挑戦だな。よし、受けて立とうじゃないか。」


勝ち誇った顔でインクを見下ろすセリア。インクはジロジロとセリアの身体を眺めている。

インク「……もうこれ以上の条件はナシだぜ?」

セリア「……分かった。約束するわ。」

まるでこれから戦いを始めるかのような真剣な眼差しで見つめ合う2人。

インク「よぉし、じゃぁ両腕を上げてもらおうか。」

セリア「えっ? う、腕を?」

インク「ほら、早く。」

140729_04.jpg
セリア「クソッ… こ、これでいいかしら……」

先ほどまで余裕の笑みを浮かべていたセリアの表情が引きつった笑みに変わっていた。



さて、第1回目は2人の掛け合いに終始した前振りです。ちょっと喋らせ過ぎた感はありますが、CG集製作でエロエロしている時はほのぼの系へ走ってしまうといういつものヤツです。その代わり次回はネチネチと責めまくりそうな気がします。(゚∀゚;A)

ちなみに作者は下戸のため、お酒の知識は皆無です。ワインの銘柄なんてコレしか知りません。一応大衆ワインを色々調べましたが、誰でも分かりそうなのはやっぱりコレなのかなぁと。ただ、コレってスペル的に「ぼじょれいぬーぼ」なんて絶対発音しないと思いますが気にしたら負けです。伝わればそれで良いのです。(*゚ー゚*)

そして最後のポーズでお分かりかと思いますが、今回のメインは脇責めでございます。例によって導入部とラストしか考えておりませんので、セリアがどうなるかは… あとは流れでお願いします。( *´艸`)



This is simple translation in simple Japanese. (゚A゚;)

- Cellia's abscond (1): Exploit of Ink -
- Story -

Cellia says : Wao... It is delicious.
Ink says : It is natural. The wine was stolen from the merchant of evil.

Money for the escape of Cellia was exhausted.
She sneaked in to the residence of the merchant of evil that ruled the small village.
Cellia had not eaten for several days. The stomach became empty and it felt dizzy.
Cellia was discovered by merchant's watchdogs because of that.
Cellia ran away. Anything was not able to be stolen.
However, Ink stole some foods by using the fuss.
Cellia was able to sponge a meal thanks to Ink.

[Image 1]
Cellia says : It is my initial experience to drink wine with the label.
Cellia says : This quality wine is delicious!!

Ink says : Is it a reputed wine? Please read the label.
Cellia says : OK, Be… Beau… jolais… no… nou… veau?
Cellia says : It is a name that seems to be high-level. I surely think that it is very expensive wine.

In Cellia, it is not good at reading and writing.
However, many of poor people layers were not able to be read and written in this age.
Naturally, Cellia grew up in the poor people layer.

Ink says : You happily get drunk. I am glad.
Ink inside voice : (However, I think that the wine is cheap wine for the general public perhaps. It dares not to say.)

Cellia says : Nmmm... I have drunk everything up. The bottle is empty. hehehe.
Cellia says : Meal ended and sake was drunk tonight...

Cellia says : Let's already sleep!

Ink says : Hey! Please wait. You did the promise to make love to me. Please stick to an agreement tonight.

Cellia says : Oh no... You are persistent every evening.
Cellia says : Do you want to make love to me?
Cellia says : I said to you so. Results of your working for me and having succeeded in it are necessary.
Ink floated a fearless smile.

Ink says: Who brought the delicious bread that you had eaten ahead?
Cellia says : !!

Ink says: Who brought the fresh fish that you had eaten ahead?
Cellia says : Wa... Wait...

Ink says: Who brought the quality wine that you had drunk up now?

[Image 2]
Cellia says : It... It...

Ink says: YES!! IT IS ME!!

Ink says: I showed results of working for you and having succeeded.
Ink says: You should stick to an agreement!

Cellia says : It... It is... My body is not the same value as meal once.

Ink says: whats? I am an incubus. Woman's mental energy is necessary for me.
Ink says: It is the same as your feeling of hungry. I am also hungry. It is already a limit.


Ink is telling a lie. Ink made Cellia sleep by hypnotism and was breathing in mental energy when staying in the building where Celllia was safe.

Ink says: I love you. Therefore, I am carrying out sincerity to you.
Ink says: Still, do not you stick to an agreement?
Ink did acting that cried sadly.

Cellia says : OK, Okey, I see. I make my body touched only a little.
Ink says : Yahooooo! Wheeeee!

Ink began to dance being overjoyed.

Ink says : I can finally love you. It thinks from what start.
Ink says : Will I kiss? Or, will I touch its breast? ke-kekeke!

Cellia says : Wait! Stop! You are misunderstanding it. I said that I would make my body touched only a little.
Ink says : What?

Cellia says : Please touch its skin that I have exposed now.
Cellia says : Clothes are not taken off at all. It is prohibited to touch my face. It is only my body.

[Image 3]
Cellia says : Now is the shoulder massaged? Or, Is the leg massaged? I am prepared.

Ink says : Hey, Is it a challenge to the incubus?

Cellia and Ink stared like fighting each other.

Ink says : I receive your challenge.

Ink says : Please do not add a disadvantageous rule for me any further.

Cellia says : I see. I promise.

Ink says : OK, I receive your challenge.
Ink says : ...Then ...please raise the both arms.

Cellia says : What? Is my both arms raised?

Ink says : It is so. Please raise the both arms early. Please stick to an agreement.

[Image 4]
Cellia says : OK... Is it good in this?

It has changed into the expression that the expression of Cellia seems to be uneasy.
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
 
コメント
この記事へのコメント
+ (O゚・∀・) + ワクワクテカテカ +
インク!頑張れ!
へぼっちは、全力で応援してるぞぉ~!
 
ヘソ攻めかと思ったら、ワキ攻めでしたか。
流石!マキシモさんです♪
オイッ!!( ´Д`)っ))Д゚)・∵.
2014/07/29(火) | URL | へぼっち [ 編集] #Ayc/EPBQ


インク君、君は紳士だよ。
1枚目の川魚とワインがリアルですね。思わずセリアと飲みたくなっちゃいました・・・(笑)。
でもインク君・・・、交渉事は事前に行うから効果があるのであって、事後では効果が薄れちゃいますよ。
でもそこがインク君の可愛いトコロですし、さすがマキシモさまですね。(^_^;)
2014/07/30(水) | URL | なかカジ [ 編集] #-


Re:へぼっち様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
ブログにも書いて下さってありがとうございます。(*´▽`*)
ヘソ攻めですかぁ。個人的にヘソにリビドーを感じていなかったので、全くノーチェックでした。どんな感じになるかちょっとやってみようかなぁ。(*゚ー゚*)
2014/07/30(水) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


Re:なかカジ様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
ワインと魚は数少ないShade用有料素材を使いました。
もっと中世っぽいのを色々出して欲しい……(´ε`;)

>> 交渉事は事前に行うから効果がある

なるほど、交渉事のセオリーは確かにそうですよね。そういう駆け引きは全然考えてませんでした。つまりここはワインをちらつかせながらセリアの服を1枚1枚脱がせようとして……
パンチ一発で交渉終了にされかねない気が……(笑)
2014/07/30(水) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


腕や足が条件……
これは、くすぐり責めの予感がする。
足裏のくすぐりは来るかもしれない。
2014/08/01(金) | URL | 匿名希望 [ 編集] #-


Re:匿名希望様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
如何にもくすぐれと言わんばかりのポーズですよねぇコレ。
くすぐろうかなぁ、どうしようかなぁ。

って、くすぐらないわけがない。Ψ(`∀´)Ψケケケ
2014/08/01(金) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


(。>ω<)ノ Update!
Hello マキシモ! Excellent update.

I love french wine too, but I think Cellia will drink any alcohol anyway~ ( ´ ▽ ` )

Ink's play acting is too professional lol ( ̄▽ ̄)

Cellia's sexual ecstasy is waiting~ (・ω・)

(。・ω・)ノ゙ Thank you for the translation, and good luck on your future updates!
2014/08/02(土) | URL | Akira錐生 [ 編集] #FF3H9HIM


Re:Akira錐生様へ
Always thank you for your comment.
I am very glad.\(*^^*)/

I corrected it a little because there were a lot of errata this time. m(_ _)m

I am not not not good at alcohol.
The name of the wine that I knew was only this. lol
As for Cellia, alcohol is loved.
I want to try the story to which it gets dead drunk some time by strong alcohol.
I should study alcohol. (・д・)

Ink takes an active part this time. (゚∀゚)
2014/08/02(土) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


こういうときセリアは胡座かいてるんじゃないかなあ。
胡座かいてラッパ飲みってもう完全に親父キャラですねえ。

「おう、インク、おまえなんか芸しろ!」
「ぇつ」
「なんか芸しろっつてんだよ。盛り上がらねえだろ」
(うわ、こいつ酒癖わる!)

「あ、兄貴、あれセリアじゃないですか?」
「おう、ありゃセリアだ。べろべろじゃねえか」
「いいいすねえ、俺たちもまぜてもらいましょうよ」
「馬鹿野郎、こいつは日頃の晴らすチャンスだ。倍返しだ!」



酔っ払ったセリアは力加減が出来ない天下無双になることを盗賊たちは知らなかった。

「ぎゃはは、おまえら何で3つも頭があるんら」
2014/08/03(日) | URL | CANDY [ 編集] #-


Re:CANDY様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
うわぁオヤジだ。しかも嫌な上司タイプだ。(笑)
一応、セリアはそこまで女を捨てたキャラではないと思います。たぶん。

これでも自分が普通の女性と何ら変わりないと思っているので、それなりの恥じらいは持っているのでしょう。たぶん。

決して胡座のポーズが難しいからとか、そんなことはありませんございません。たぶん。(゚ω゚;A)

でも、へべれけになって酒で失敗をしでかすのも面白そうですよね。まさに盗賊兄弟を活かせそうなシチュかも。(゚∀゚)
2014/08/03(日) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


大立ち回りすると、運動で酒が回ってバタンキューしちゃうとか

「へへっ、勝手にぶっ倒れやがったぜ」
「ぐおおお」
「にしても、すげー鼾だな」
「さて、今度はこれを飲んでもらおうか」
「ング、ング」

なんて
2014/08/04(月) | URL | CANDY [ 編集] #-


Re:CANDY様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)

「ング、ング」てw 
一体何を飲まされているのかなぁ。(*´д`*)ハァハァ
一応、CG集では色々飲まされておりますですハイ。(゚∀゚)
2014/08/04(月) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


インクにしては
良いところ突いたカンジ☆ っても、ちゃんと感じさせられるのかは別問題ですなw そういう微妙なスキルあるのか怪しいし~
2014/08/24(日) | URL | kuro [ 編集] #-


Re:kuro様へ
コメントありがとうございます!(・∀・)
ちゃんと感じさせられるかどうか…
そこはしっかりやっていただきたいものです。ある意味プロなんですからね。
でも、次回分はもうすぐ完成しますが、ちょっと怪しそうです… (゚ω゚;A)
2014/08/24(日) | URL | マキシモ [ 編集] #SGu2SoTg


コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekomadan.blog.fc2.com/tb.php/89-d9009460
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック